ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋

本文

市長の部屋

八幡平市長の田村正彦です。

八幡平市公式ホームページにお越しいただきありがとうございます

八幡平市は平成17年9月に合併により新たに生まれた市です。岩手県の県庁所在地である盛岡市の北西に位置しており、西は秋田県仙北市、鹿角市、北は青森県田子町と接していて、まさに北東北(青森・秋田・岩手)のほぼ中心にあります。また、東北自動車道、国道282号、JR花輪線が八幡平市を縦貫しているところから、北東北の交流拠点として良好な条件を持っています。

本市の掲げる将来像は、「農(みのり)と輝(ひかり)の大地」です。

「農(みのり)」は、本地域の基幹産業である農業を意味し、米やホウレンソウ、リンドウ、畜産物など他に誇る優れた農産物をイメージしています。また、健やかで生きがいや喜びにあふれた人々が「結(ゆい)」の精神で連携・協働していくまちの姿を意味しています。

「輝(ひかり)」萌える若葉の緑、清らかな水と澄んだ空の青、鮮やかな紅葉の赤、純白の雪をイメージし、豊かな森林と躍動感あふれる観光や商工業を表しています。また、北東北の交流新拠点として人や物、情報が活発に行き交い、未来に向かって限りない発展をする市の将来像を意味しています。

私は、平成17年10月に初代八幡平市長に就任し、現在4期目でございます。本市の掲げる将来像の実現のため、市民と共に頑張っております。このホームページを通じ、皆さんの八幡平市への関心がますます高まり、市政の動きを身近に感じていただくとともに、積極的に市政にご参加いただけるようになればと考えております。


市長交際費