ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税(種別割)

本文

軽自動車税(種別割)

軽自動車税(種別割)の税率

軽自動車(種別割)の税率は次のとおりです。

※税制改正により、令和元年10月1日から従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されました。また自動車取得税(県税)が廃止となり、「軽自動車税(環境性能割)」が創設されました。

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪等

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪車等の税率
車種 旧税率
(平成27年度まで)
税率
(平成28年度以降)
原動機付
自転車
50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊
自動車
農耕用 1,600円 2,000円
その他 4,700円 5,900円
雪上用 2,400円 3,600円
軽二輪(125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
小型二輪(250cc超) 4,000円 6,000円

 三輪以上の軽自動車(新税率、重課税率)

最初の新規検査(初度検査年月として、自動車検査証に記載してあります)を基準とし、下表のいずれかの税額が適用されます。

三輪以上の軽自動車の税率及び重課税率
車種 旧税率
(平成27年3月31日までに新規検査を受けた車両)
税率
(平成27年4月1日以降に新規検査を受けた車両)
重課税率
(最初の新規検査から13年を経過した車両)
三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上 乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円

※平成28年度以降は賦課期日(毎年4月1日)時点で最初の新規検査から13年を経過した車両に重課税率が適用されます。

三輪以上の軽自動車(軽課税率)

平成31年4月1日から令和3年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、最初の新規検査の翌年度分の軽自動車税(種別割)に限り、グリーン化特例(軽課)を適用します。また、グリーン化を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した三輪及び四輪の軽自動車について重課が導入されます。

三輪以上の軽自動車の軽課税率

車種

軽課税率
※下記条件を満たす車両(最初の新規検査の翌年度分の軽自動車税種別割に限る)

電気自動車・燃料電池自動車・天然ガス自動車

(平成21年排出ガス規制10%以上低減もしくは平成30年排出ガス規制適合)

平成17排出ガス基準75%低減もしくは平成30年排出ガス規制50%低減達成車両のうち
乗用→令和2年度+30%燃費基準達成車両
貨物用→平成27年度+35%燃費基準達成車両

平成17排出ガス基準75%低減もしくは平成30年排出ガス規制50%低減達成車両のうち
乗用→令和2年度+10%燃費基準達成車両
貨物用→平成27年度+15%燃費基準達成車両
三輪 1,000円 2,000円 3,000円

四輪以上

乗用

自家用

2,700円 5,400円 8,100円

営業用

1,800円 3,500円 5,200円

貨物

自家用

1,300円 2,500円 3,800円

営業用

1,000円 1,900円 2,900円

※自家用軽乗用車については、令和3年度と令和4年度は適用対象を電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車に限定します。

※令和2年度燃費基準については、平成32年度燃費基準と同様の扱いとします。