ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > まち・ひと・しごと創生 > 企業版ふるさと納税を募集しています

本文

企業版ふるさと納税を募集しています

企業版ふるさと納税

概要

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)は、地方創生に新たな資金の流れを生み出すために、2016年度税制改正により創設され、2020年度に制度が延長・拡充され、税制控除割合の引上げや手続の簡素化が行われました。

国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して、企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。

【注意事項】

  1. 1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
  2. 寄附を行うことの代償として、経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  3. 本社が所在する地方公共団体への寄附については、本制度の対象となりません。

対象事業

八幡平市は「八幡平市第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」の計画事業について、企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を活用した寄附を受けられるようになりました。

八幡平市寄附活用事業は次のとおりです。

  1. 八幡平市の特性を活かした、生きがいを感じる働く場の創造事業
  2. 八幡平市の地で縁を結び、次世代の成長と笑顔を育む事業
  3. 地域の元気を活かした持続可能なまちづくり事業
  4. 八幡平市の豊かな自然や絆を活かし、新たな人が流入する流れを創る事業

支援をしていただいた取組

 起業志民プロジェクト

寄附者

家入 一真(いえいり かずま)

いえいりかずまの写真

家入氏は、無償でプログラミングを教えるスパルタキャンプ理念の発案者であり、名付け親でもある。