ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・衛生 > ごみ・リサイクル > 30・10(さんまる・いちまる)運動で食品ロスを減らしましょう!

本文

30・10(さんまる・いちまる)運動で食品ロスを減らしましょう!

食品ロスとは?

「食品ロス」とは、食べられるのに廃棄される食品のことです。

日本の食品ロスの量は、643万トンと試算されています。(平成28年度推計)

このうち、外食産業では133万トンもの食品ロスが発生しており、食べ残しによるものが相当程度を占めています。

外出時に 「残さず食べよう!30・10(さんまる・いちまる)運動」

30・10(さんまる・いちまる)運動」とは、長野県松本市が考案した宴会時の食品ロスを減らす取組みです。外出時に 「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」の画像

地域や職場での宴会の時は、次のことに取り組みましょう。

  1. 乾杯後の30分間:自分の席を移動せずに出された料理を楽しみます。
  2. 宴会終了10分前:再び自分の席にもどって料理を食べきるようにしましょう。

この運動に取り組めば、食べ残し量の削減につながります。
「30・10運動」で食べ残しゼロを目指しましょう!

家庭での取組

  • 買い物では、必要な食品を、必要な時に、必要な量だけ購入しましょう。
  • 購入した食品は、食べ切るように心がけましょう。

関連ページ

消費者庁の食べもののムダをなくそうプロジェクトのホームページ<外部リンク>