ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

後期高齢者医療制度の概要

平成20年4月1日から、老人保健制度に代わって、新たに「後期高齢者医療制度」がスタートしました。

制度の運営

この制度の運営主体は、岩手県後期高齢者医療広域連合です。 広域連合は、都道府県単位で設置されています。

広域連合と市町村が役割分担をして制度を実施しています。

対象者

75歳以上の方と、65歳以上75歳未満の障害認定を受けた方が対象です。

これから75歳になる方は、誕生日当日から被保険者となります。

被保険者証

被保険者証はひとりにつき1枚の交付となります。

保険料について

保険料はお一人おひとりに納付していただきます。

保険料の納め方について

保険料は、主に特別徴収(年金からの天引き)となります。

特別徴収の対象にならない場合は、普通徴収(口座振替や納付書払い)となります。

医療機関にかかるとき

医療機関にかかるときは、保険証を忘れずに提示してください。医療費の自己負担は1割(現役並み所得者は3割)です。

詳しい制度の案内については・・・

岩手県後期高齢者医療広域連合ホームページへ<外部リンク>