ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農業委員会 > 相続等により農地を取得した場合の届出

本文

相続等により農地を取得した場合の届出

概要

相続(遺産分割・包括遺贈を含む)、法人の合併・分割、時効取得などにより農地の権利を取得した場合には、農業委員会にその旨の届出をしなければなりません(農地法第3条の3)。
届出は農地を取得日からおおむね10か月以内に行ってください。
届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合には罰則の規程があります。

様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)