ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

水道が故障したら

水道の水がでない場合の対応

水道の水が出ないときは、ご近所の水も出ていないかを確認し、出ないときは事故が考えられますので、上下水道課へ連絡してください。

お宅だけが水が出ないときは、お宅の水道工事をした指定工事事業者か、お近くの指定工事事業者へ連絡してください。

漏水について

前回の検針時に比べ急に使用水量が増えた場合は、地下や見えないところで漏水していることがあり、料金も高額になります。

アナログ式メーターの場合、蛇口が全部閉まっている状態で地下メーターのパイロットが回っているときは、漏水の可能性があります。(図1)

デジタル式メーターの場合、蛇口が全部閉まっている状態でパイロットの表示、漏水警告表示が点滅しているときは、漏水の可能性があります。(図2)

上記の場合には、すぐに指定工事事業者へ修理依頼してください。

図メーター

水道管の凍結防止方法

気温がマイナス4度以下になると、防寒の不完全な水道管や水道メーターが凍ったり管が破裂したりします。このような事故を防止するため、次のことに注意しましょう。

  1. 凍結しやすい水道管
    • むき出しになっている管
    • 家の北側にあり、日が当たらない管
    • 風当たりの強い場所にある管
  2. 防寒の仕方
    • 保温剤や毛布、布切れを蛇口の上まで完全に包みます。
    • メーターを保護するためメーターボックスの中に、使い古しの毛布や布切れをビニールで巻いて入れ、水に濡れないようにし保温します。
  3. 蛇口が凍ったときには、タオルなどをかぶせ、ゆっくりとぬるま湯をかけ解凍します。

詳しくは八幡平市上下水道課へ問い合わせてください。