ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 入札・契約情報 > 契約に関するお知らせ > 工事の請負契約に係る最低制限価格の算出方法が変更になります

本文

工事の請負契約に係る最低制限価格の算出方法が変更になります

令和2年4月1日以降に入札公告(指名通知)を行う工事から、最低制限価格の算出方法を変更します。

最低制限価格の算出方法(令和2年4月1日以降に入札公告等を行う工事に適用)

最低制限価格は、直接工事費×97%+共通仮設費×90%+現場管理費×90%+一般管理費等の額×55%で算定
※上記の計算式により算出した額が、予定価格に92%を乗じて得た額を超えるときは92%を乗じて得た額、予定価格に75%を乗じて得た額に満たないときは75%を乗じて得た額

工事の請負契約に係る最低制限価格の算出方法の変更について(令和2年4月1日以降適用) [PDFファイル/40KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)