ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 八幡平市過疎地域自立促進計画

本文

八幡平市過疎地域自立促進計画

計画の趣旨

 本市は、これまで過疎地域対策関連法に基づき、産業の振興、公共施設や生活基盤の整備に重点を置き、地域振興・活性化に向けた諸政策を展開してきました。
 この結果、施設整備・生活基盤整備という面では一定の水準まで達してきましたが、都市地域と比較すると依然として厳しい状況におかれています。また、平成24年の過疎地域自立促進特別措置法の改正により、平成28年3月31日までであった期限が、平成33年3月31日までと5年間延長されたことを踏まえて、新たに平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5カ年の「八幡平市過疎地域自立促進計画」を策定しました。
 本計画は平成22年4月1日から平成28年3月31日までの過疎計画を踏襲しつつ、第2次八幡平市総合計画との整合性を図りながら加筆・修正を加えた計画となっています。

八幡平市過疎地域自立促進計画(計画期間:平成28〜32年度)

八幡平市過疎地域自立促進計画[PDFファイル/1.1MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)