ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・衛生 > 生活衛生 > PCB廃棄物は期限内に処理してください

本文

PCB廃棄物は期限内に処理してください

PCB廃棄物とは

PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、有害な油状の化学物質です。熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的に安定した性質を有することから、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されてきましたが、昭和43年(1968年)のカネミ油症事件の発生を契機に、その毒性が社会問題化し、昭和47年(1972年)以降は製造や新たな使用が禁止されています。
PCBを使用した機器などが廃棄物になったものが「PCB廃棄物」と言われています。

PCBが含まれる可能性がある施設

昭和52年(1977年)3月までに建てられた作業所、農林・畜舎関係施設、店舗、倉庫のほか、高圧の引き込み線がある工場にはPCBが含まれる電気機器や蛍光灯の安定器が使われていた可能性があります。なお、住宅用照明器具にはPCBは使用されていません。

PCB廃棄物の処理期限

PCB廃棄物は、定められた期限までに処理しなければなりません。また、種類や濃度によって処分場所が決まっています。岩手県の処理期限は、早いもの(変圧器・コンデンサー)で令和4年(2022年)3月末となります。期限を過ぎると、措置命令や罰則の対象になります。
古い建物や工場を所有している方はPCBが含まれた電気機器が残されていないか、今一度確認をお願いします。PCBが含まれていた場合、岩手県庁資源循環推進課(電話番号:019-629-5366)まで必ず連絡を願います。

岩手県版PCB廃棄物の処理期限 [PDFファイル/412KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)