ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 国民健康保険(療養費の支給)

本文

国民健康保険(療養費の支給)

全額自己負担したとき(療養費の支給)

次のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、国保の窓口に申請して審査決定されれば、自己負担分を除いた額があとから払い戻されます。

 

状況に応じて必要な添付書類
こんなとき 申請に必要なもの
1 緊急などでやむを得ず、 国保を扱っていない医療機関にかかったり、 保険証を提示せずに治療を受けたとき
  • 診療内容の明細書(レセプト)
  • 領収書
  • 保険証
  • 印鑑
  • マイナンバーと本人確認書類
  • 世帯主名義の通帳
2 治療用装具(コルセット、ギプスなど)を 購入したとき (医師が認めた場合)
  • 医師の診断書(意見書)
  • 領収書
  • 装着証明書
  • 写真(靴型装具のみ)
3 輸血のための生血代 (医師が認めて、病院を通じて購入した場合)
  • 医師の診断書(意見書)
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 領収書
4 国保を扱っていない柔道整復師の施術代 (骨折、脱臼、ねんざ、挫傷)

施術明細のわかる領収書

5 はり、きゅう、マッサージを受けたとき (医師が認めた場合)
  • 医師の同意書
  • 領収書
6

海外滞在中に医療機関にかかったとき

  • 診療内容明細書(外国語のものは日本語の翻訳を添付 ※翻訳者の署名・押印も必要です)
  • 領収書(外国語のものは日本語の翻訳を添付 ※翻訳者の署名・押印も必要です)
  • パスポート
7

移送の費用がかかったとき (医師が認めた場合)

  • 医師の意見書
  • 領収書(移送区間、距離、方法のわかるもの)