ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・衛生 > ごみ・リサイクル > 壊れた太陽光パネルは危険です

本文

壊れた太陽光パネルは危険です

災害等で壊れた太陽光発電設備に注意してください

家庭や事業所に設置された太陽光発電設備は、台風や豪雨などによって浸水したり破損したりする場合があります。

太陽光発電設備は、浸水したり破損したりした場合でも、光が当たれば発電することがあり、感電する危険がありますのでむやみに近づいたり触ったりしないようにしましょう。

また、太陽光パネル(モジュール)によっては、有害物質が使用されている場合があるため、状況によっては有害物質が流出する恐れもあります。

太陽光発電設備が壊れた場合

むやみに近づいたり触ったりせず、販売施工事業者に連絡して対策を行ってください。

なお、50キロワット以上の施設の場合は、専任している電気主任技術者に連絡して対策を行ってください。

参考サイト

太陽光発電設備による感電防止について(周知)<外部リンク> 岩手県ホームページ