ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 選挙 > 選挙制度 > 不在者投票ができる人

本文

不在者投票ができる人

不在者投票について

滞在先の市区町村選挙管理委員会で投票

 仕事や旅行などで、滞在している市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

  1. 八幡平市選挙管理委員会へ、不在者投票用紙の請求を直接または郵送で行います。
    • 不在者投票用紙請求書(兼宣誓書)は最寄りの市区町村選挙管理委員会でも入手できます。
    • 電話・Fax・Eメールなどでは、請求できません。
  2. 公示(告示)日の翌日以降、八幡平市より送付された書類一式を持って、最寄りの市区町村選挙管理委員会で投票します。
    • 不在者投票証明書の入った封筒は開封してはいけません。
    • 投票用紙への記入は、最寄りの市区町村選挙管理委員会で記入します。
      あらかじめ、ご自宅などで投票用紙に候補者名等を記入することはできません。

※不在者投票の受付時間等は、最寄りの選挙管理委員会にお問合せください。
※不在者投票用紙など書類の送付はすべて郵送となります。
※不在者投票の手続きは、日数を要しますので、お早めにお手続きください。

不在者投票請求書兼宣誓書

病院・老人ホームなどの入院・入所している施設での投票

 入院・入所先の病院や老人ホームで不在者投票ができます。(不在者投票できるのは、都道府県選挙管理委員会(岩手県一覧<外部リンク>)が指定した施設に限ります。)

  1. 施設の長(不在者投票管理者)に投票用紙の請求を依頼します。
  2. 施設の長(不在者投票管理者)が、八幡平市選挙管理委員会に、代理で投票用紙を請求します。
  3. 選挙管理委員会が施設の長(不在者投票管理者)に対して、投票用紙等を交付します。
  4. 告示日の翌日以降、選挙人は施設の長(不在者投票管理者)のもとで投票します。
  5. 施設の長(不在者投票管理者)は、投票済みの投票用紙等を、選挙人の属する市町村選挙管理委員会に送付します。

※詳細は、それぞれの施設にお問合せください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)