ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農政 > 八幡平農業振興地域整備計画の変更手続き(農振除外など)

本文

八幡平農業振興地域整備計画の変更手続き(農振除外など)

 優良農地確保のため「農地法」による農地転用許可制度と併せ、「農業振興地域の整備に関する法律」(以下「法」という。)に基づく農業振興地域制度が設けられています。

 市では、農業振興地域の整備に関する法律に基づき八幡平農業振興地域整備計画を策定し、農業振興を図っていく地域を農用地区域として設定しています。農業振興地域の農用地区域内の土地は原則として農地以外の用途に利用することできませんが、やむを得ず他の目的に利用する場合は変更手続きが必要となります。

農業振興地域整備計画(法第8条)

 農業振興地域整備計画は、土地改良事業等生産基盤の整備や農業近代化施設の整備等のほか、集団的農地や農業生産基盤整備事業の対象地等の優良農地について農用地区域を定め、該当する区域内においては原則として農地転用を禁止し、農業振興の基盤となる農用地等の確保を図るものです。

農業振興地域整備計画に関する基礎調査(法第12の2)

 市町村は、5年ごとに農業振興地域整備計画に関する基礎調査を実施し、これに基づき、農業振興地域整備計画の見直しを行うこととしております。

農用地区域の変更(除外)(法第13条第2項)

 農用地区域内の農地を、農業以外の目的に利用する場合は、事前にその土地を農用地区域から除外するための手続きが必要となります。

農振除外について気をつけていただくこと[PDFファイル/76KB]

軽微な変更について

 農用地区域内の農地に、転用が必要な農業用施設を建設する際は、軽微な変更が必要となります。

軽微な変更について気をつけていただくこと[PDFファイル/61KB]

申し出の時期

 農用地区域から除外するための申出は、例年2回(5月と9月)農林課で受け付けています。

※ 土曜日・日曜日・祝日の閉庁日は受付しません。

(1)受付期間

  • [第1期]5月7日~5月31日 ※1期は軽微な変更案件に限り受付を行います。
  • [第2期]9月2日~9月30日

(2)申出から決定までの流れ

申出から決定までの流れの画像

(3)提出書類

 変更申出書、事業計画概要書(記載例あり)[Wordファイル/32KB]

 委任状[Wordファイル/12KB]※業者等が代理で申請する場合

 位置図(見取図、申請地の位置や付近の土地利用状況が分かる地図)

 設計図(平面・立面)

 配置図

 求積図(※一筆中の一部で転用を要する場合

 同意書[Wordファイル/11KB]※土地所有者と事業者が異なる場合

 登記簿謄本

 公図(17条地図)

 位置選定検討表(記載例あり)[Excelファイル/25KB]

 位置選定検討図

※申出人が法人の場合は下記書類の提出もお願いします。

  • 事業計画書(任意様式)
    (工程、取水・排水・雨水処理計画、資金計画、面積算定根拠 等)
  • 法人登記簿謄本
  • 定款
  • 残高証明書(※随時変更の場合

その他、必要に応じて上記以外の書類も提出していただく場合があります。

※ 農用地区域内の農地等をほかの目的に利用する場合は、除外決定後に農地法に基づく「農地転用許可」の手続きが必要となります。

※ 提出された申出書類を審査した結果、転用目的や場所によっては、変更できない場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)