ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農政 > 八幡平市の認定農業者になりませんか

本文

八幡平市の認定農業者になりませんか

農業者自らが「農業経営改善計画」(農業所得、経営面積、労働環境等について5年後の経営目標を設定する)を作成し、「八幡平市農業経営基盤強化の促進に関する基本構想」に沿った計画であると市の認定を受けると「認定農業者」となります。認定農業者となると、「計画」達成のための、機械・設備導入の補助金や農業制度資金の借り入れなど様々な制度を活用できます。

認定農業者制度とは

  • 目的
    農業者が作成した「農業経営改善計画」を市が認定し、その達成に向けて様々な支援を行うもの
  • 対象
    性別、年齢、専業・兼業を問わず、「計画」に基づき5年以内に認定の基準を満たせる人
  • 認定の基準
    1. 「計画」が「基本構想」に照らして適切なものであること(経営規模、目標所得額等)
      ※目標所得額の目安は、世帯の農業従事者が申請者本人のみの場合は400万円程度、2人以上の場合は550万円程度
    2. 「計画」が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること
    3. 達成可能な見込みの「計画」であること
    4. 経営の状況について、自らチェックして経営改善ができること
      ※毎年「経営改善のためのチェックリスト」を作成し、3年目及び5年目に市に提出します。

認定までの流れ

「計画」の認定までの手順は、次のとおりです。
認定農業者になろうとする方は、早めに市の農業担い手指導員(市役所農林課)までご相談下さい。

  • 農業者は、「農業経営改善計画認定申請書」を作成し、市に提出する。
    ※申請書の作成にあたっては、市の担い手指導員が相談・指導を行います。
  • 市は、提出された「計画」の内容を審査し、農協や農業委員会など関係団体の意見を聴く。
  • 市は、「計画」が妥当と判断されれば「計画」を認定し、「農業経営改善計画認定証」を交付する。
  • 農業者は、「計画」に定めた目標達成のため、毎年の達成状況を確認しながら経営を改善する。

なお、令和2年度から、2以上の市町村で農業経営をする農業者が経営改善計画の認定を受ける場合において、その2以上の市町村が県内にある場合には県知事、都道府県を超える場合には農林水産大臣または東北農政局長が認定することとなります。
詳しくは下記担当までお問い合わせください。

認定後について

認定農業者自ら「経営改善のためのチェックリスト」等により「計画」の進み具合を把握し、必要があれば「計画」の見直しなど必要な対策をすることになります。市は、担い手指導員による相談、経営のアドバイスなど、必要な支援を行います。
認定期間は5年間です。その際に目標達成状況を検討して、更新を希望する場合は、更新申請も可能です。
なお、八幡平市には、市内認定農業者で構成される「八幡平市認定農業者協議会」が組織され、農業経営の情報交換や研修の場となっております。認定後は、是非ご加入下さい。