ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農政 > 八幡平市農業再生協議会

本文

八幡平市農業再生協議会

八幡平市農業再生協議会

八幡平市農業再生協議会は、主に米の需要調整や水田における作物の生産振興、経営所得安定対策に関する取り組みを、一体的に推進していく組織です。

水田活用直接支払交付金の交付要件が変更になります

令和4年産は、全国ベースで39,000ヘクタール(21万トン)の作付け転換が必要と見通されます。
また、水田活用の直接支払交付金等各種メニューの拡充や見直しが行われますので、令和4年産の作物転換の検討にご活用ください。

令和4年度水田活用の直接支払交付金の見直しの全体像
変更するメニュー 令和3年度 令和4年度
飼料用米等の複数年契約加算、拡大加算

飼料用米・米粉用米の複数年契約加算12,000円(10アールあたり)

取組率が約9割に達し、複数年契約推進の効果が薄れてきているため、経過措置として、継続分(令和2年度からの契約分と令和3年度からの契約分)を対象に6,000円(10アールあたり)
新市場開拓用米の複数年契約加算を創設。10,000円(10アールあたり)で支援

交付対象水田 水張ができない農地は交付対象水田から除外(畦畔や用水路がない農地等) 現行ルールを再徹底
現場の課題を検証しつつ、今後5年間(令和4年から令和8年)に一度も水張(水稲、飼料用米、Wcs等の作付け)が行われない農地は交付対象水田としない方針
多年生作物(牧草)に対する支援 当年産において播種を行わず収穫のみを行うものも含め、すべての飼料作物を35,000円(10アールあたり) 生産コストを踏まえ、当年産において播種を行わず収穫のみを行う多年性牧草に対する戦略作物助成の単価を見直し
当年産において播種から収穫までを行うものは35,000円(10アールあたり)
当年産において播種を行わず収穫を行うものは10,000円(10アールあたり)
高収益作物畑地化支援 品目を問わず175,000円(10アールあたり)で支援 高収益作物による畑地化を加速させるため、単価を見直し
高収益作物は175,000円(10アールあたり)
その他作物は105,000円(10アールあたり)
産地交付金の運用ルール 取組の定着度に応じた単価や支援年限の設定 現行ルールを再徹底
使途設定の透明性を向上(助成内容の公表)

その他

東北農政局岩手県拠点で作成したチラシとなりますので詳しくはこちらをご覧ください。
水田活用の直接支払交付金等各種支援メニューの 拡充・見直しチラシ [PDFファイル/1.27MB]

収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の運用が変わります

需要に応じた米生産を後押しするため、令和4年産から、ナラシ対策の対象農産物である米についても、具体的な出荷と販売予定に従って計画的に生産したものが補てんの対象となります。
米を生産予定の農業者は、6月末までの加入申請に当たり、出荷・販売契約数量等報告書の提出が新たに必要となります。
また、積立金の納付期限は7月31日から8月31日に変更となります。

ナラシの補てん対象となる主食用米
主食用米の販売先 内容
JA等の集出荷業者への出荷や販売をする米 6月末までに出荷契約または販売契約を結び、翌年3月末までに出荷または販売したもの
実需者等へ直接販売する米 6月末までに前年の実績等を基に販売計画を作成し、翌年3月末までに販売契約を結び、販売の対象としたもの

その他

東北農政局岩手県拠点で作成したチラシとなりますので詳しくはこちらをご覧ください。

ナラシ対策の運用変更チラシ [PDFファイル/293KB]

水田フル活用ビジョン

水田フル活用ビジョンは、地域の特色ある産品の産地を創造し、地域の作物振興のための設計図となるものです。

経営所得安定対策

経営所得安定対策は、水田農業全体の所得向上と農業経営の安定を応援する制度です。

収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)

収入減少影響緩和交付金とは、主食用米等の価格が下落した際に収入を補てんする制度です。加入要件は認定農業者、集落営農、認定新規就農者のいずれかに該当し、収入保険に加入していない方が対象となります。
積立金を納付しておくことにより、主食用米、麦、大豆などの当年産の収入額が過去の平均収入を下回った場合、減少した収入額の9割が補てんされます(補てん金のうち、国からの交付が75パーセント、積立金からが25パーセント)
なお、積立金は、残額が発生した場合、翌年に繰り越し(加入を継続しなかった場合は返納)となるため、掛け捨てにはなりません。
加入するためには6月30日までに申し出が必要となります。

産地交付金の申請様式

主食用米の需要に応じた生産・販売に関する情報

近年、主食用米の需要が減り民間在庫量が増えております。需給と価格の安定のためには、主食用米から別の作物への作付け転換が必要となります。東北農政局では米の需要に応じた生産・販売に関するチラシを作製しておりますので、作付けの目安としてご覧ください。

令和4年産米の需要に応じた生産・販売に関する推進チラシ [PDFファイル/377KB]

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)