ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林課 > スマート農業の推進

本文

スマート農業の推進

スマート農業とは

スマート農業とは、ロボット技術や情報処理技術を活用して、省力化や農作物の高品質生産の実現を推進するための、新しい農業のことです。

農業の現場では、人手に頼る作業や熟練者でなければできない作業が多く、農作業の省力化や人手の確保、作業負担の軽減が課題となっています。

このような課題を解決し、持続可能な農業を進めるため、八幡平市でも「スマート農業」に取組んでおりますので、その一例をご紹介します。

熱水ハウス×Iot

八幡平スマートファーム

八幡平市では自然の資源である熱水を活用した熱水ハウスで、作物の通年栽培を行っています。

株式会社八幡平スマートファームと市が進めるスマートファームプロジェクトによって、荒廃した高石野地区の熱水ハウスを再生し、Iot技術を活用したモニタリング装置や環境制御装置を設置したハウス内で、縦型水耕栽培によるバジルの生産に取組んでいます。

株式会社八幡平スマートファーム<外部リンク>

 

ドローンの活用

ドローンは、従来のラジコンヘリよりも小型で、航行の安定性が高く、水稲などの播種や防除に活用されています。

播種ドローン

空中から、鉄コーティングした種子を撒きます。育苗や苗の運搬に係る労力・コストの削減のほか、短時間での作業が可能となり、省力化に大きく役立つことが期待されます。

農薬散布

農薬の空中散布は、機体が小型で小回りが利き、労働負担の軽減や作業性の向上、コスト削減効果が期待されます。

 

水田の自動水管理

自動水管理

水稲生産における作業の省力化を目的として、令和3年度に盛岡地方農業農村振興協議会の事業を活用し、水田水管理のリモート操作システムの実用性及び効果の実証を行っています。

実証は、スマートフォンでほ場の水位が確認でき、遠隔で水の給水や止水ができるというもので、ほ場を確認する労働負担の軽減が期待されます。

 

 

盛岡地域環境制御技術研究会の入会について

盛岡地域環境制御技術研究会は、最新の環境制御技術を活用した次世代型の施設園芸を実現するため、農業者の皆さんと関係機関が情報交換や技術研修をとおし、先進モデルの創出を目指して活動する組織です。

研究会では、先進技術を活用した農業生産に関する研修会や、施設の見学を行っておりますので、関心がある方はいつでも入会が可能です。

盛岡地域環境制御技術研修会の申し込みは、以下の申込用紙にご記入の上、お申し込みください。

盛岡地域環境制御研究会入会(退会)申込書 [Wordファイル/30KB]

申込書提出先

事務局 盛岡広域振興局農政部農業振興課

住所 岩手県盛岡市内丸11-1

連絡先 電話番号 019-629-6599 Fax番号 019-629-6609

 

みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?