ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 農業委員会 > 令和3年度「農地の日」活動出発式を行いました

本文

令和3年度「農地の日」活動出発式を行いました

令和3年度「農地の日」活動出発式を行いました

八幡平市農業委員会では、令和3年7月19日(月曜日)に令和3年度「農地の日」活動出発式を行いました。

農地の日とは

岩手県の農業委員会組織(岩手県農業会議・市町村農業委員会)は、昭和27年7月15日に制定された農地法にちなみ、7月15日を「農地の日」に設定し、県内各農業委員会では、毎年この日を中心に農地パトロールや遊休農地解消に向けた農地巡回など、創意工夫を凝らした多彩な活動を全県一斉に実施しています。

「農地の日」活動出発式

八幡平市農業委員会においても農地にかかわる新たな制度を理解し、遊休農地の対策など様々な問題に対応し、農業の重要性と農業委員会の活動への理解を深めていただくために、令和3年度「農地の日」活動出発式を行いました。

農地の日活動出発式

今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため活動を自粛した地区もありましたが、一部の地区では「密」になる状況を避けながら、農地パトロールや農業関係研修会などを行いました。今後も農業委員と推進委員が一体となって、取り組みを進めていきます。

農地パトロール