ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小学校・中学校 > 教育研究所 運営方針

本文

教育研究所 運営方針

本市教育の方針は、「豊かな人間性と創造性に富み、社会の変化に主体的に対応し、未来を切り拓いていくことができる心身ともに健全な児童生徒の育成」です。その実現に向けて、本市立小・中学校の教職員は、教育基本法第9条において定める通り、「自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努め」なければならない。また、国、県の教育における今日的な課題の解決に積極的に対応し、「21世紀をたくましく生き抜く次代を担う人材の育成」にも主体的に取り組むことが望まれています。

以上のことから、平成29年度4月より、本市小・中学校教職員の研究と修養を奨励し、本市教育の方針の実現と今日的な課題の解決を図ることを目的として、教育研究所を設置し、各種事業を展開しています。

本年度の運営方針は、以下の4点です。

  1. 市教育方針の実現のために本市立小・中学校全教職員の共通理解を図り、主体的に研修と修養に励む意識の高揚を図ること
  2. 運営委員を有効に機能させ、本年度の事業計画の周知を図り、市内小・中学校教職員による自主的な運営を推進すること
  3. 先進研究、重点研究の取組を通して、市の学校教育指導の重点及び学習指導要領に基づく各校の教育課程の編成や授業改善を支援すること
  4. 教職員のニーズに応じた効果的・効率的な研究及び研修を推進すること