ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > まち・ひと・しごと創生 > 岩手銀行との地方創生連携協定を締結

本文

岩手銀行との地方創生連携協定を締結

岩手銀行との地方創生連携協定の締結について

岩手銀行と地方創生の連携に関する協定を締結しました

八幡平市と株式会社岩手銀行(田口幸雄頭取)は、八幡平市の地方創生の取組みの推進に連携・協力することを目的として、連携協定を締結しました。

地方創生に関して、岩手銀行が岩手県内の地方自治体と結んだ連携協定は、久慈市、花巻市についで、八幡平市は3番目となります。

連携協定の概要

八幡平市が、平成27年12月24日に策定した「八幡平市総合戦略」に掲げる17のプロジェクトのうち、岩手銀行は、次に掲げるプロジェクトの推進に連携・協力することを目的とするものです。

  1. 八幡平市の農(みのり)と輝(ひかり)のブランド強化プロジェクト
  2. 地熱エネルギーを活かした地域活性化プロジェクト
  3. 観光客もてなし体制強化プロジェクト
  4. 生涯活躍のまち(日本版Ccrc)構想プロジェクト
  5. 若者等の定住促進プロジェクト
  6. 出会い・縁づくりサポートプロジェクト
  7. 地域拠点(小さな拠点)等活性化プロジェクト
  8. 自然の恵みと共生する資源循環型まちづくりプロジェクト
  9. その他、目的を達成するために必要と認められる事項に関すること。

連携協定締結日

平成28年1月21日(木曜日)
八幡平市役所において、連携協定調印式を開催しました。

連携協定締結日の画像
連携協定締結後、握手を交わす田口幸雄頭取(右)と田村正彦市長