ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 行政改革 > 第2次八幡平市行政改革大綱

本文

第2次八幡平市行政改革大綱

第2次八幡平市行政改革大綱について

 市は、総合計画の着実な推進を図るため、市民と行政の協働を基本として、効果的、効率的な行政運営に計画的に取り組む行政改革の新たな指針である「第2次八幡平市行政改革大綱」を平成22年9月8日に策定しました。

 大綱に基本方針として掲げた「市民視点に立った行政運営の推進」、「機能的な執行体制の確立」、「健全な財政運営の確立」に基づき、「何を」、「いつ」、「どのように」取り組むのかを具体的に記載した実施計画に基づき、当市の行政改革を計画的に推進してまいります。

 第2次八幡平市行政改革大綱の計画期間は、平成22年度から27年度までの6年間としていますが、迅速な計画の推進のため、実施計画の取組期間を2期に分割して取り組みます。
 実施計画は、「前期計画」を平成22年度から24年度まで、「後期計画」を平成25年度から27年度までの計画期間としています。

第2次八幡平市行政改革大綱

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)