ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 行政改革 > 第1次八幡平市行財政改革実施計画(集中改革プラン)

本文

第1次八幡平市行財政改革実施計画(集中改革プラン)

八幡平市行財政改革実施計画(集中改革プラン)について

 国は平成17年3月29日、「地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針」を示しました。さらに18年7月7日に閣議決定された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」を踏まえ8月31日、「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための新たな指針」が示され、地方公共団体は、より一層の積極的な行政改革の推進に努めることしています。

 市の現状や国における指針を受け、住民・地域と行政が連携・協働したまちづくりと足腰の強い行政基盤の確立を目指して市は、18年2月に八幡平市行政改革大綱を策定しました。これに基づき、21年度までの具体的な行動を定め、より効率的な市政経営を確立し、質の高い行政サービスの提供を目指しています。

 本計画は平成20年3月に見直しを行い、改定を行ったものです。

八幡平市行財政改革実施計画(集中改革プラン)

八幡平市行財政改革実施計画(集中改革プラン)20年月改定版[PDFファイル/720KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)