ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

住宅改修費助成金

要援護高齢者や障害者の住宅改修費の一部を助成します

県と市では、要介護認定を受けた高齢者や重度身体障害者が同居する世帯を対象として、高齢者や身体障害者の自立促進、介護の負担軽減、在宅福祉の向上を図るため、住宅の改善に必要な費用の一部を助成します。

対象世帯

要介護認定を受けた高齢者や、身体障害者手帳1級〜3級の認定を受けた方が同居する世帯

対象工事

住宅のトイレ、浴室などの改善、床面の段差解消などの改善工事(住宅の新築や増築工事は対象外です)

助成額

改善工事にかかった費用(上限80万円)から、改善費控除額20万円(介護保険などの給付分)を差し引いた額の3分の2の額