ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

介護保険

介護保険制度

介護保険制度は、40歳以上の人が加入して保険料を納め、介護が必要となったときには、費用の一部を負担することで介護サービスを利用することができる制度です。

介護サービスを利用できる人

  1. 65歳以上の人(第1号被保険者)
    寝たきりや認知症などで介護や支援が必要であるという認定「要介護認定」を受けた人
  2. 40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人(第2号被保険者)
    初老期の認知症、脳血管疾患、末期がんなど特定の病気が原因で「要介護認定」を受けた人

※交通事故などが原因の場合は利用できません。

介護サービスを利用するためには

「要介護認定」を受ける必要があります。

  1. 「要介護認定」を受けるための申請をします。
    市役所健康福祉課、西根・安代両総合支所および田山支所で申請できます。
  2. 訪問調査と主治医の意見書、介護認定審査会
    訪問調査
    認定調査員が訪問し、所定の質問事項を聞き取り調査します。
    主治医の意見書
    かかりつけ医が心身の状態についての意見書を作成します。
    介護認定審査会
    訪問調査の結果と主治医の意見書を基に、どれくらい介護が必要かを審査・判定します。
  3. 認定結果の通知
    申請から原則30日程度で、要介護認定結果の通知および介護保険の被保険者証が送付されます。認定された人で、自宅で暮らしながら介護サービスを利用する人は、ケアマネジャーに希望を伝えて、相談しながら介護サービスの利用計画を作成する必要があります。
    施設入所を希望される人は、直接、施設に申し込みます。

利用できる介護サービス

居宅介護サービス

要介護1から5まで 要支援1または2 サービスの概要

訪問介護

介護予防・日常生活支援サービス事業(第1号訪問事業)

ホームヘルパーに自宅を訪問してもらい、身体介護や生活援助を受けます。

訪問入浴介護

介護予防訪問入浴介護

自宅に浴槽を持ち込んでもらい、入浴の介助を受けます。

訪問リハビリテーション

介護予防訪問リハビリテーション

リハビリの専門家に訪問してもらい、自宅でリハビリを受けます。

居宅療養管理指導

介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに訪問してもらい、薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導を受けます。

訪問看護

介護予防訪問看護

看護師などに訪問してもらい、床ずれの手当てや点滴の管理をしてもらいます。

通所介護(デイサービス)

介護予防・日常生活支援サービス事業(第1号通所事業)

デイサービスセンターで、食事・入浴などの介護や機能訓練が日帰りで受けられます。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や病院・診療所で、日帰りの機能訓練などが受けられます。

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ) 介護予防短期入所療養介護 介護老人保健施設などに短期間入所して、医療によるケアや介護、機能訓練などが受けられます。
特定施設入居者生活介護 介護予防特定施設入居者生活介護 有料老人ホームなどに入所している方が受けるサービスです。食事・入浴などの介護や機能訓練を受けられます。サービスは、包括型(一般型)と、外部の事業者がサービスを提供する外部サービス利用型に区分されます。
福祉用具貸与 介護予防福祉用具貸与 日常生活の自立を助けるための福祉用具を借りることができます。
特定福祉用具購入 介護予防福祉用具購入 排泄や入浴等に必要な福祉用具の購入費に対して、年間10万円を上限としてその費用の9割分(一定以上の所得がある方は7~8割分)を支給します。
居宅介護住宅改修 介護予防住宅改修 生活環境を整えるための住宅改修に対し、20万円を上限として費用の7~9割が住宅改修費として支給されます。

地域密着型サービス

要介護1から5まで 要支援1または2 サービスの概要
認知症対応型通所介護 介護予防認知症対応型通所介護 認知症と診断された高齢者が食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで受けられます。
認知症対応型共同生活介護 介護予防認知症対応型共同生活介護(要支援1の方は利用できません) 認知症と診断された高齢者が共同で生活できる場(住居)で、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられます。
小規模多機能型居宅介護 介護予防小規模多機能型居宅介護 小規模な住居型の施設への「通い」を中心に、自宅に来てもらう「訪問」、施設に「泊まる」サービスが柔軟に受けられます。
看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス) 利用できません 利用者の状況に応じて、小規模な住居型の施設への「通い」、自宅に来てもらう「訪問」(介護と看護)、施設に「泊まる」サービスが柔軟に受けられます。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 利用できません 定員29人以下の小規模な介護老人福祉施設で、食事・入浴などの介護や健康管理が受けられます。なお、新規に入所できるのは原則として要介護3以上の方です。
地域密着型特定施設入居者生活介護 利用できません 定員29人以下の小規模な介護専用の有料老人ホームなどで、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。
地域密着型通所介護 通所型サービス(介護予防・日常生活支援総合事業) 定員18人以下の小規模な通所介護施設で、食事・入浴などの介護や機能訓練が日帰りで受けられます。

施設介護サービス

要介護1から5まで 要支援1または2 サービス概要
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 利用できません つねに介護が必要で、自宅では介護ができない方が対象の施設です。食事・入浴など日常生活の介護や健康管理が受けられます。なお、新規に入所できるのは原則として、要介護3以上の方です。
介護老人保健施設 利用できません 病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象の施設です。医学的な管理のもとで介護や看護、リハビリが受けられます。
介護療養型医療施設 利用できません 急性期の治療が終わり、長期間にわたり療養が必要な方が対象の施設です。介護体制の整った医療施設(病院)で、医療や看護などが受けられます。
介護医療院 利用できません 主に長期にわたり療養が必要な方が対象の施設です。医療と介護(日常生活上の世話)が一体的に受けられます。
※2024年3月末に廃止が予定されている介護療養型医療施設の転換先と位置付けられています。

介護保険料

65歳以上の人(第1号被保険者)は、一人ひとり保険料が計算され個別に納めていただきます。

40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)は、加入している医療保険(職場の医療保険や国民健康保険)と一緒に納めていただきます。

介護保険料の納め方

被保険者の区分 納付方法
第1号被保険者 保険料の納め方は、年金の額、種類によって異なります。
特別徴収 老齢(退職)・遺族・障害年金が年額18万円以上の方 偶数月(4月、6月、8月、10月、12月、2月)に支払われる年金から、2カ月分の保険料が天引きとなります。
普通徴収
  • 老齢(退職)・遺族・障害年金が年額18万円未満の方
    ※老齢福祉年金・恩給については保険料の差し引きの対象となりません。
  • 年度の途中で65歳になった方、他の市町村から転入してきた方など
納期ごとに納付書をもって指定の金融機関で納めていただくか、口座振替による納付となります。
第2号被保険者 保険料は、国民健康保険や健康保険などその人が加入している医療保険の算定方法に基づき決められ、医療保険の保険料と合わせて納めることになります。

転入・転出されるとき

65歳以上の方(40歳〜64歳までの要介護認定者を含む)の転入・転出の手続きは次のとおりです。

転入時

前住所地で要介護認定を受けていた方は、要介護(要支援)認定申請手続きを行います。
※前住所地で発行された受給資格証明書が必要です。

転出時

要介護認定を受けている方には、新しい住所地で引き続き認定を受けるために受給資格証明書を発行します。
※介護保険被保険者証をお持ちください。

詳しくは

盛岡北部行政事務組合(クリックで新しいページを開きます)<外部リンク>

お問い合わせ先

健康福祉課 包括支援センター係
八幡平市野駄21-170 電話 74-2111
または
盛岡北部行政事務組合
八幡平市平舘27-49 電話 74-2716