ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 高齢者 > 認知症高齢者のひとり歩き対策(盛岡広域シルバーケアSOSネットワークシステム)のご案内

本文

認知症高齢者のひとり歩き対策(盛岡広域シルバーケアSOSネットワークシステム)のご案内

盛岡広域シルバーケアSOSネットワークシステムについて

八幡平市は、認知症高齢者等の家族などからの申し出に応じて、認知症高齢者等の所在不明時における保護・捜索を行う、盛岡広域シルバーケアSOSネットワークシステムに参加しています。
このシステムは、認知症高齢者の情報を事前に登録しておくことで、万が一、行方が分からなくなった時、捜索を依頼すると、本人の情報を関係機関へ即座に伝えることができ、早期発見・保護に役立ちます。

SOSネットワークチラシ[PDFファイル/617KB](新しいウィンドウで開きます)

協力期間

盛岡東警察署、盛岡西警察署、岩手警察署、紫波警察署、各支庁の高齢者福祉担当及び各地域包括支援センター、高齢者福祉団体・施設、盛岡地区広域消防組合、公共交通機関、警備会社、郵便局、新聞配達業者、消防団、ラヂオ盛岡等

利用の流れ

  1. 住所、氏名、生年月日、体格等が記載された顔写真付きの登録依頼書と情報発信確認書を、八幡平市地域包括支援センター(健康福祉課内)に提出します(登録依頼書は、岩手警察署へ送付されます)。
  2. 市から登録ナンバーが入ったステッカーが配布されます。ふだん履く靴や杖などに貼っておきましょう。
  3. 登録者の行方が分からなくなったときは、家族は警察に連絡します。
  4. 警察は、協力期間に連絡し、捜索協力を依頼します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)