ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 高齢者 > 八幡平市高齢者等見守りネットワーク協力事業者を募集します

本文

八幡平市高齢者等見守りネットワーク協力事業者を募集します

市では、八幡平市高齢者等見守りネットワーク事業実施要綱に基づき、次のとおり協力事業者を募集します。

事業の目的

「高齢者等が住み慣れた地域で安心して生活ができる地域社会の形成」をめざし、地域住民、民間事業者等と連携し、市内で暮らす高齢者、障がい者及び子どもの異変を早期に発見し、必要な支援等を行うことができる見守り体制を構築するため、地域見守りネットワーク事業を実施します。

募集する協力事業者

通常業務または活動において、定期的に各家庭を訪問し、緊急事態を発見する可能性のある事業者。

ただし、次に掲げる事業者及び業種は、協力事業者として見守りネット事業に参画できないものとする。

  • 各種法令に違反している事業者
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)及び八幡平市暴力団排除条例(平成25年八幡平市条例第16号)に規定する暴力団その他反社会的団体またはそれらに関連すると認めるに足りうる相当の理由のある事業者
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項の規定により風俗営業と指定されている業種及びそれに類似する業種
  • 債権の取立て、示談の引受け等を業とするもの
  • その他市長が不適当と判断した事業者及び業種

連絡体制について

高齢者等の異変を発見した場合の連絡、支援の流れは下の図のとおりです。

連絡体制フロー図の画像

役割について

ア 協力事業者

市と締結する協定に基づき、通常業務または活動において、異変のある高齢者等や何らかの支援を必要としている高齢者等を発見した場合は、実施機関に連絡をします。

高齢者等の安全確保の上で必要と判断したときは、警察署、消防署等に通報します。

イ 実施機関(市福祉事務所、包括支援センター)

地域住民、協力事業者等から連絡を受けて、高齢者等に対し必要な支援及び対応を行います。

ウ 協力団体(市内で地域活動を行う団体などで、市長が協力を依頼するもの)

実施機関から連絡を受けたとき、実施機関が支援及び対応を行うに当たり必要な協力を行います。

守秘義務

事業で知り得た個人情報については、この事業の目的以外に使用したり、他に漏らさないよう、取り扱いには十分配慮願います。

協力事業者の応募先

健康福祉課高齢福祉係までご連絡ください。