ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 医療・健康 > 妊娠・出産 > 特定不妊治療等支援事業費助成金

本文

特定不妊治療等支援事業費助成金

市は、不妊治療に係る経済的な負担を軽減するため、医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)、男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程の一環として行われる精巣内精子生検採取法及び精巣上体内精子吸引採取法)を受けたご夫婦に対し、治療費の一部を助成します。

助成の対象となる治療

岩手県が指定する医療機関で実施された、医療保険診療の適用とならない特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)、男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程の一環として行われる精巣内精子生検採取法及び精巣上体内精子吸引採取法)に限ります。

※夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による特定不妊治療は、対象となりません。

※該当する治療に係る入院費、食事代、文書料及び凍結保存に係る費用は、対象となりません。

※特定不妊治療のうち、採卵に至らない場合は、助成の対象になりません。

助成の対象となる方

法律上の婚姻関係にある夫婦で、夫または妻のいずれか一方、または、両方が八幡平市に居住し、住民登録しており、妻の年齢が43歳未満の方で、次の項目のいずれかに該当する方が対象となります。

  1. 岩手県の不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金の交付決定を受けている方
  2. 岩手県の男性不妊治療費助成金の交付決定を受けている方

※妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外となります。

助成の金額

助成額:夫婦一組に対して、助成対象治療に要した費用から岩手県の助成金を控除した額とし、1回の治療につき10万円を限度とします。

特定不妊治療の助成回数及び期間

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢により、助成回数と期間が異なります。

治療開始時の妻の年齢が

  • 40歳未満:43歳になるまでに通算6回まで
  • 40歳から42歳:43歳になるまでに通算3回まで

※年間の助成回数制限はありません。

※平成27年度以前から治療を受けられている方は、助成回数などについて、市健康福祉課にお問い合わせください(平成28年4月1日から、国等で制度の見直しがありました)。

申請方法

岩手県の不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金交付決定通知書を受けてから3カ月以内に、次の1から4までの書類を提出してください。

  1. 八幡平市特定不妊治療等支援事業費助成金交付申請書
  2. 岩手県の特定不妊治費助成金交付決定通知書の写し
  3. 岩手県の不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し
  4. 指定医療機関の発行した特定不妊治療費、または、男性不妊治療費に係る領収書の写し

八幡平市特定不妊治療等支援事業費助成金交付申請書[Wordファイル/16KB]

助成金の交付について

申請書類を審査し、適正と認められる場合は、「八幡平市不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金交付決定通知書」を交付しますので、通知書を受領後、「八幡平市特定不妊治療等支援事業費助成金交付請求書」を提出してください。その後、口座振込で助成金を交付します。

なお、適正でないと認めたときは、その旨通知します。

八幡平市特定不妊治療等支援事業費助成金交付請求書[PDFファイル/28KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)