ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災 > 災害情報・被災者情報 > 罹災(りさい)証明書の申請について

本文

罹災(りさい)証明書の申請について

罹災(りさい)証明書の申請について

罹災(りさい)証明とは?

風水害、地震などによって家屋や事業所などが破損した場合、市職員が現地を調査し、 被害状況を確認した後にその内容を証明するものです。この証明書は、 税の減免や保険の請求、被災者生活再建支援金、災害復興住宅融資などの被災者支援制度の手続きの際に必要となります。

【以下の点に注意してください】

  • 罹災(りさい)証明は、住家に被害を受けたものに限られ、災害救助の一環として当市が確認できる罹災程度について証明するものです。
  • この証明は、民事上の権利義務関係に効力を有するものではありません。
  • 構造体等の内部資材の被害で、表面に現れない被害がある場合は、この証明の罹災程度と異なることもあります。
  • 家財道具や門柱、門扉などの外構は、証明の対象となりません。

窓口での申請

申請書を担当窓口へ提出してください。

提出先
種類 必要書類 申請窓口
罹災(りさい)証明

様式第1号

被災直後の家屋等の写真

税務課
罹災(りさい)届出証明

様式第2号

被災直後の住家以外または動産等の写真

防災安全課
被災証明

様式第3号

人的被害や動産等の被害がわかるもの

防災安全課

なお、窓口では免許証等による本人確認をさせていただきます。

郵送による申請

  1. 罹災証明申請書(様式第1号)
  2. 罹災届出証明申請書(様式第2号)
  3. 被災証明申請書(様式第3号)
  4. 被災直後の家屋等の写真、被災直後の住家以外または動産等の写真、または人的被害や動産等の被害がわかるもの
  5. 運転免許証の写しなど本人確認ができるもの
  6. 返信用封筒(住所・氏名を記入し切手を貼ったもの)※証明書送付用

※1~3のいずれかと4~5の書類等を郵送にて市役所税務課までお送りください。

申請期限

申請は、被災されてからなるべく1か月以内に行ってください。1か月経過してからの申請につきましては、災害との因果関係が確認できないことがありますので、罹災証明書の発行ができない場合があります。

 

 

みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?