ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 田山小学校 > 学校経営の重点

本文

学校経営の重点

学校経営の重点

学力向上

ア 「いわての授業づくり3つの視点」をもとに授業を行う。

イ 「音読」や「文章を読み取る活動」、「話を聞き取る活動」を多く取り入れる。

ウ 全校活動や授業を通して、外国語活動の充実を図る。

エ 授業と連動した家庭学習の定着を図る。

オ 複式指導の充実を図るとともに、個に応じた指導を工夫する。

カ 全校一斉で漢字と計算の習得状況を調べる機会を設ける。

キ 郷土学習を通じて、主体的な態度や活用力を養う。

ク 諸調査の結果を活用する。

ケ 読書・言語環境を整える。

復興教育

ア 副読本を計画的に活用する。

イ 防災の視点から、【そなえる】の内容をより具体化する。

ウ 「いのちの日」の取り組みの充実を図る。(全校活動、掲示)

豊かな心を育む教育

ア 道徳の時間を要にして、「よりよく生きたい」という思いを養う。

イ 体験を通して様々な道徳的価値を感じ取らせる。

ウ 好ましい人間関係を築くことができるように支援する。

エ 様々な場面で、自己指導能力を指導する。

オ JRC活動を通して、主体的な態度や思いやりの心を育てる。

カ 音楽に親しむ活動を全校一斉で行う。

キ 教育相談やアンケート等の調査の結果を全職員で確認する。

ク いじめ対応についての理解、研修を深める。

ケ 不適応等の問題に対し、情報を共有して組織的に対応する。

健やかな体を育む教育

ア 運動能力を高め、体力を増進する活動を全校一斉で行う。

イ 「60運動」を呼びかける。

ウ 身の回りの健康や安全についての課題を、主体的に捉えさせる。

エ 基本的な生活習慣の定着に向けて、保護者の意識を高める。

キャリア教育

ア きまりを守り、進んで働く態度を養う。

イ 自分の長所を伸ばそうとする意識をもたせる。

特別支援教育

ア 特別な支援を必要とする児童の記録を蓄積し、確実に引き継ぐ。

イ 特別な支援を必要とする児童の情報を全職員が共有し、関係機関とも連携し組織的に対応する。

家庭・地域との連携

ア 学校や児童の様子を様々な方法でを知らせ、関心をもってもらう。

イ 家庭や地域と連携しながら行う活動に丁寧に取り組む。

ウ 学校評価を適切に行い、結果を公表する。

その他

ア 教職員の自発的な研究・研修を推進する。

イ 危機管理やコンプライアンスについて、定期的に確認する。

ウ 田山保育園、安代小・中学校との連携を推進する。

エ きれいで潤いのある環境を整える。