ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 定例記者懇談会(平成30年8月31日)

本文

定例記者懇談会(平成30年8月31日)

報道機関に発表したものを掲載しています。

発表項目内容の詳細については、各担当部署に問い合わせてください。

発表項目

市防災訓練の実施(防災安全課)

 豪雨による洪水及び土石流の発生に伴い、家屋の浸水、水道、電気などのライフラインの損壊、集落の孤立、さらに、大規模な建物火災が発生したことを想定した防災訓練を大更小学校周辺で実施します。
 防災関係機関と地域住民が一体となって組織的かつ効率的な諸活動が迅速かつ的確に出来るよう実施するとともに、併せて地域住民の防災意識の高揚を図ることを目的としており、訓練参加予定者は、全体で約14機関約900人です。

  1. 日時
    平成30年9月2日(日曜日)午前8時から11時まで(小雨決行)
  2. 主催
    八幡平市
  3. 訓練参加機関
    八幡平市消防団、八幡平市婦人消防協力隊、八幡平消防署、陸上自衛隊、岩手県防災航空隊、岩手警察署、八幡平市社会福祉協議会、活気あふれる大更を創る会、八幡平市交通指導隊、八幡平市赤十字奉仕団、岩手県石油商業協同組合盛岡支部、八幡平市立大更小学校、介護老人保健施設岩鷲苑
  4. 訓練の概要(訓練場所・訓練項目)
    • 大更地区8行政区 避難訓練・避難誘導訓練
    • 大更小学校及び周辺 現場災害対策本部設置及び運用訓練、消防救急無線統制訓練、避難所開設及び運営訓練、避難者受付訓練、要配慮者避難搬送訓練、災害ボランティアセンター開設訓練、応急食料炊出し訓練、応急給水訓練、応急給油訓練、応急救護所設置及び運営訓練、水防訓練、自衛消防訓練(初期消火、通報、避難誘導)、火災防御訓練、地上偵察訓練、孤立者救助救出訓練、各種体験訓練(初期消火、通報、煙体験及び応急手当、救命処置訓練)
    • 岩鷲苑 要配慮者避難搬送訓練
    • 大更コミセン 応急食料炊出し訓練
    • 市総合運動公園 ヘリポート開設及び運営訓練

市議会第3回定例会付議事件(総務課)

 八幡平市議会第3回定例会を9月10日に招集します。
 本定例会では、報告2件、議案20件を付議する予定です

  1. 市議会第3回定例会会期日程
    9月10日(月曜日)午前10時開会予定
    10月2日(火曜日)最終日の予定
  2. 市議会第3回定例会付議事件の内容
    議会事務局のページにて、9月3日(月曜日)午後2時から開催する議会運営委員会終了に公表します。

フリーランスのお試し居住「さすらいワークin八幡平」の開始(企画財政課)

 市は、フリーランス(仕事をもって移動できる個人)に移住体験を提供する「さすらいワークin八幡平」を開始します。
 「さすらいワークin八幡平」は、地域での「暮らす」「働く」「地域と関わる」体験を提供し、旅行では味わえない地域での暮らし方と働き方を体験できる新たな機会を創出し、移住検討者の移動を促進するものです。
 参加者は、地域の農家や酪農での農業等体験料(1万円)と交通費、食事代を負担することで、何泊でもお試し居住を体験できます。

  1. 内容
    市は、フリーランスが仕事をしながら滞在できる場として、インターネット環境を備えたリゾートマンションを提供します。
    滞在期間中は、地域の農作業(軽作業)等を体験することで何泊でも宿泊でき、長期滞在することで、通常の旅行では知ることができない本市の魅力を体験してもらうものです。
  2. 期間 平成30年9月から10月まで(予定)
  3. 応募方法 「LOHAIサイト」<外部リンク>(新しいウィンドウで開きます)から申し込みます。
  4. 受入予定 詳細がまだ決定しておりませんので、受け入れが決まり次第、情報提供します。

さすらい合宿(フリーランスによる合宿)の実施(企画財政課)

 市は、「さすらいワークin八幡平」の事業の一つとして、2泊3日でフリーランスが一同に集まり、地域に関するお題に取り組む「さすらい合宿」を開催します。

  1. 内容
     8名のフリーランスが八幡平市に訪れ、市が提供するリゾートマンションに滞在し、八幡平市役所多目的ホールを主会場に、現地で編成するチームごとに地域に関するお題に取り組み対抗します。
     今回のお題は「八幡平市の魅力を伝える観光用ポスター」。キーワードは、「大自然」「感性」「非日常」「わぁ~!」のもと製作に取り組んでいただきます。最終日にはコンテストを開催し、優秀作品は正式に市のPRポスターとして採用します。
  2. 期間 平成30年9月14日(金曜日)午後1時から9月16日(日曜日)正午まで
  3. 場所 八幡平市役所多目的ホール
  4. 参加者 応募者の中から、要件を満たすフリーランス8名を選考
  5. スケジュール
    月日 時間 内容 場所
    9月14日(金曜日) 午後1時 集合 盛岡駅
    1時半 オリエンテーション 市役所多目的ホール
    2時から5時半まで 市内見学 市内
    6時から8時半まで 参加者交流会 市内飲食店
    9月15日(土曜日) 午前 作業 市役所多目的ホール
    午後 作業 市役所多目的ホール
    9月16日(日曜日) 午前9時から9時半まで 作業 市役所多目的ホール
    9時半から11時45分まで プレゼン 市役所多目的ホール
    11時45分から正午まで 評価・総括 市役所多目的ホール
    正午 解散 市役所多目的ホール

市生涯学習推進大会「講演会」の実施(地域振興課)

 市は、広く生涯学習の普及、奨励を図り、市民一人一人が学びを通して、豊かな人間性と創造性を育むために生涯学習推進大会を開催します。
 優れた講師による講演を、より多くの方々から聴講いただくために、八幡平市PTA連絡協議会及び岩手地区PTA連絡協議会の研修会と合同で開催します

  1. 主催 八幡平市生涯学習推進本部 八幡平市
  2. 共催 八幡平市PTA連絡協議会 岩手地区PTA連絡協議会
  3. 日程 平成30年9月29日(土曜日)
  4. 時間 開場 午後2時
    講演 午後2時半から4時まで
    ※ 午後2時までは、八幡平市PTA連絡協議会研修会
  5. 場所 西根地区市民センター
  6. 講師 ユメオミライ株式会社 代表取締役 堀籠佳宏氏
    ※北京オリンピック陸上短距離日本代表
  7. 演題 「こどもの運動の才能はこうやって伸ばす~陸上競技オリンピック選手の事例から~」

はちまんたい大集合フェスタの開催(商工観光課)

 全国から大集結したヒーローのショーや、ゆるキャラとのふれあいを開催することで、八幡平市を全国にPRし、交流人口の増加・地域活性化を図ることを目的に「イワテ・ハチマンタイ ダイナマイト・ザ・ファイナル」を開催します。10回目となる今回で最後の開催となります。
 また、東日本大震災復興応援イベントとして往年の名車が大集合する「第20回ノスタルジックカーin八幡平」を開催します

  1. 期日
    1. 9月16日(日曜日)午前10時から午後4時まで
      イワテ・ハチマンタイ ダイナマイト・ザ・ファイナル
    2. 9月23日(日曜日)午前9時から午後2時まで
      第20回ノスタルジックカーin八幡平
  2. 場所
    さくら公園イベント広場
  3. 主催
    八幡平市観光イベント実行委員会
  4. 内容
    1. イワテ・ハチマンタイダイナマイト・ザ・ファイナル
    2. 第20回ノスタルジックカーin八幡平
  5. 問い合わせ先
    1. イワテ・ハチマンタイ ダイナマイト・ザ・ファイナル
      八幡平市観光イベント実行委員会事務局(主管・八幡平市商工会)電話0195-76-2040
    2. 第20回ノスタルジックカーin八幡平
      主管・八幡平クラシックカー同好会 電話090-4889-7666

八幡平山賊まつりの開催(商工観光課)

 八幡平市秋の一大イベントである「八幡平山賊まつり」を、今年も開催します。
 山賊まつりは、八幡平の紅葉が見頃を迎える時期に開催しており、毎年約3万人の方が来場されます。
 期間中は各種イベントや市の姉妹・友好都市などによる物産・特産品の販売等も行われます。

  1. 期日
    10月6日(土曜日)から10月8日(月曜・祝日)3日間とも午前10時から午後4時まで
  2. 場所
    八幡平市さくら公園イベント広場
  3. 主催
    八幡平市観光イベント実行委員会
  4. 内容
    1. 物産・特産品(予定)
      市の姉妹・友好都市など(宮古市、沖縄県名護市、北海道滝川市)による特産品販売や市内外の物産販売
    2. イベント(予定)
      八幡平ヘリコプター遊覧飛行、ニジマスつかみ取り、アクアボール、遊具フワフワ、木工切り抜き体験他
    3. ステージイベント(予定)
      民謡全国大会チャンピオンステージ(IBCラジオ公開録音)、松川一の宮太鼓、北上川清流太鼓、八幡平さくらさんさ愛好会、市内学生による吹奏楽・太鼓演奏、保育所の子ども たちによるおゆうぎ 他
  5. 問い合わせ先
    八幡平市観光イベント実行委員会事務局(市観光協会)電話0195-78-3500

追加発表項目

東京オリンピックのホストタウン登録について(地域振興課)

 本日、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局より記者発表がありました。
 ホストタウンの第九次登録団体に本市が登録されたことを情報提供いたします。

  1. 登録内容
    1. 登録自治体名 八幡平市
    2. 相手国・地域 ルワンダ共和国(東アフリカ)
    3. 計画の特色
      市特産の花きであるリンドウの実証栽培をきっかけとしたルワンダとの交流が縁となり、ルワンダ国立オリンピックスポーツ組織委員会とホストタウン交流に係る覚書を締結。今後、事前合宿の受入やルワンダとの文化・スポーツ、リンドウを通じた交流が期待される。
    4. 出場が想定される種目(2019年2月頃までに出場種目が確定される予定)
      1. 陸上競技長距離
      2. 自転車競技ロード・マウンテンバイク
      3. ビーチバレーボール
      4. 空手
      5. テコンドー
  2. 主な実施予定事業
    1. ルワンダを知る文化講演会
    2. 事前合宿(2019年及び2020年の各1か月間)
    3. ルワンダ代表選手と市民との交流事業
    4. サイクリング交流イベント

(参照)内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局ホームページ<外部リンク>(新しいウィンドウで開きます)

質疑応答の概要

フリーランスのお試し居住「さすらいワーク㏌八幡平」の開始について(企画財政課)

Q 宿泊場所はどこですか
A 市で借り上げているメゾンです。

さすらい合宿(フリーランスによる合宿)の実施について(企画財政課)

Q 事業者に委託しているのか
A Lancers(ランサーズ)という人材派遣会社に委託し、昨年度もポスターを作りました。
なお、昨年の参加者の1人が10月1日から地域おこし協力隊として採用予定です。関係人口を増やして定住につなげるというこの事業本来の目的の効果が出てきたところです。

【追加発表】東京オリンピックのホストタウン登録について(地域振興課)

  • Q 今、発表されたのですか
    A 11時にリリースされました。県内では、当市のほかに盛岡市と紫波町のコラボと遠野市です。
  • Q 出場種目の確定は、来年2月ごろですか
    A そうです。予選の結果次第であり、アフリカ枠、ヨーロッパ・アフリカ枠があるようです。
  • Q ビーチバレーの会場はどこになりますか
    A 施設については、屋内・屋外なりに砂を運んででもできると思います。それよりも、国際級の選手がいる練習相手を連れてくるのが大変だと考えています。
  • Q 市長から一言
    A 7月末に申請書を提出して、本日、正式に認められ良かったなと思っております。これからについては、誰も経験したことをこれからやらなければならないということで、担当者の苦労もあると思われますが、成果があるように万全を期して対応していかなければならないと思っております。
  • Q ルワンダを知る文化講演会を含めて市民の機運の醸成は
    A 文化講演会は、11月の市民憲章推進大会の際に、ルワンダオリンピック組織委員会インターン筑波大学院生にお願いして講演をしていただく予定としています。
     市民の機運の醸成はこれからになります。今回決まったことで市民にも周知されますので、今後計画的に進めていかなければならないと思っています。
  • Q 事前合宿は来年6月から8月に予定していますが、サイクリングについては、来てもらうことになりますか
    A 当市に来てもらうことで検討しています。
  • Q ルワンダ代表選手との交流イベントは事前合宿に併せて行いますか
    A はい、事前合宿に併せて計画します。また、これを機にルワンダ駐日大使にも当市を訪れて、リンドウなどを観てもらいたいと思っています。
  • Q あさってのヒルクライムはいいタイミングですね
    A ルワンダの選手は、ロードの選手は有力なようだがマウンテンバイクの選手はどうなるかというところです。ほかに有力な種目としては、陸上競技長距離とビーチバレーボールです。
  • Q 今後、合宿施設の整備やルワンダからの視察とかはありますか
    A 視察はもう無いと思われます。整備については、宿泊先が未定であり、言語対応も含めて宿泊施設に照会中です。また、ルワンダとの交流の支援をしてもらうための地域おこし協力隊員が、現在、あいさつをはじめとしたルワンダ語の勉強をしているところです。
  • Q コースについては、3月に視察してもらった辺りとなりますか
    A 自転車のコースとしては、パノラマラインからアスピーテラインを登って樹海ラインを降りてくるコースがいいのではないかと考えています。
     東京オリンピック(富士スピードウェイ)と同じくらい標高差が高いのでアスリートにとっては、ヒルクライムのコースはいいという助言もいただいています。また、パノラマラインは、2012年のロンドンオリンピックの予選を行った実績のあるコースでもあります。

発表項目以外に関して

  • Q 政府は地方圏域法制化(学校、病院などを複数市町村で校正する圏域が運営)について検討しているようですがどのように考えますか
    A 2ヵ月ほど前の市長会でこの取り組みを進めようとしているとの説明がありました。その場では「国の政策の下、各市町村では計画的に地方創成に取り組んでいる中において、市町村からの意見も聞かないで進めるのはおかしい」という意見が出て反発もありましたが、地方制度調査会に総理の諮問事項として提出する予定だとの説明がありました。
  • Q 市長としては
    A 現在、広域行政(盛岡広域8市町で構成)での協力体制を進めているところであり、それを強化していけばいいと考えています。

市長交際費