ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 定例記者懇談会(平成30年5月)

本文

定例記者懇談会(平成30年5月)

報道機関に発表したものを掲載しています。

発表項目内容の詳細については、各担当部署に問い合わせてください。

発表項目

1 平成30年度市営牧野の牛放牧事業の実施について(農林課)

 八幡平市内の家畜飼養農家等への牧草生産供給のため、今月から市営牧野による牛放牧事業を実施します。

各牧野放牧見込み

※平成30年5月7日現在

  1. 上坊牧野(ホルスタイン種)
    開牧日:5月9日(水曜日) H29放牧実績
    放牧申し込み戸数 17戸 20戸
    放牧申し込み頭数 256頭 223頭
  2. 七時雨牧野(日本短角種)
    開牧日:5月16日(水曜日)
    放牧申し込み戸数 4戸 5戸
    放牧申し込み頭数 14頭 12頭
  3. 長久保牧野 黒毛和種
    開牧日:5月24日(木曜日)
    放牧申し込み戸数 30戸 34戸
    放牧申し込み頭数 244頭 211頭
  4. 七時雨牧野 黒毛和種
    開牧日:5月25日(金曜日)
    放牧申し込み戸数 21戸 23戸
    放牧申し込み頭数 189頭 147頭

2 八幡平市オリンピック等参加選手の母校訪問について(地域振興課)

 本市出身の平昌オリンピック・ノルディック複合競技日本代表永井秀昭選手が母校訪問を行います。

  1. 安代中学校訪問日時
    平成30年5月10日(木曜日)午後1時20分から1時50分まで
  2. 田山小学校訪問日時
    平成30年5月11日(金曜日)午後1時15分から1時45分まで

3 国保西根病院「ふれあい看護体験」の実施について(西根病院)

 西根病院では、看護の日(5月12日)を記念し、中・高校生の皆さんに「看護の心」にふれていただくため「ふれあい看護体験」を実施します。
 当日は、中学生4人、高校生4人が参加する予定です。

  1. 主催
    八幡平市国民健康保険西根病院
  2. 日時
    平成30年5月10日(木曜日)
  3. 実施内容(日程)
    午前9時20分 オリエンテーション
    看護師長挨拶、自己紹介、西根病院紹介、日程等説明
    午前9時40分 統括院長講話、院内見学
    10時半 病棟での看護体験
    午後0時半 昼食及び休憩(会議室)
    1時15分 記念写真撮影
    1時20分 ビデオ上映、懇談会
    2時 解散
  4. その他
    当日の状況により、時間が少し変更になる場合があります

4 かりゆしデーの実施について(地域振興課)

 クールビズ(衣服の軽装化)期間に合わせ、毎週水曜日を「かりゆしデー」とし、希望する職員が「かりゆしウエア」を着用することで、八幡平市と沖縄県名護市との友好都市交流の気運を高める取り組みを行います。

  1. 目的
     クールビズの取り組みの一環として「かりゆしデー」及び「かりゆしウエア着用」を実施することで、友好都市である名護市を含む沖縄県で着られている「かりゆしウエア」に職員及び庁舎に来た人から親しんでもらい、友好都市交流の盛り上げにつなげることを目的としている。
  2. 八幡平市のみの取り組み
     沖縄県名護市の友好都市は八幡平市のほか、北海道滝川市、群馬県館林市、大阪府枚方市とあるが、「かりゆしウエア」に関係する取り組みをしているのは、八幡平市のみ。
  3. クールビズ期間
    5月15日~9月30日 かりゆしデー初日は5月16日(水曜日)

参考

  1. 「かりゆし(嘉利吉)」とは沖縄方言で「めでたい」という意味を表す。
  2. 沖縄県では、夏季に一般的に着用されるとともに、4月から11月までをかりゆしウエア着用推進期間とし、沖縄県知事を筆頭に沖縄県内の地方自治体の大部分で着用されている。
  3. 「かりゆしウエア」は
    • 沖縄県内で縫製されたもの(布地は県外で生産されたものでも良い)
    • 沖縄観光をPRする柄のもの
      であることが条件とされている。

5 平成30年八幡平市議会第2回臨時会の付議事件(予定)について(総務課)

 八幡平市議会第2回臨時会を招集します。
 4月29日執行の八幡平市議会議員選挙後初の議会となる本臨時会では、議長選挙、副議長選挙、常任委員会委員の選任などが行われるほか、報告3件、議案7件を付議する予定です。

  1. 市議会第2回臨時会会期日程
    5月17日(木曜日)午前10時開会予定 18日まで
  2. 市議会第2回臨時会付議事件の内容(予定)
    1. 議長の選挙
    2. 副議長の選挙
    3. 常任委員会委員の選任について
    4. 議会運営委員会委員の選任について
    5. 盛岡地区広域消防組合議会議員の選挙
    6. 盛岡北部行政事務組合議会議員の選挙
    7. 岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
    8. 自動車事故の和解及び損害賠償額の決定に係る専決処分の報告について
    9. 自動車事故の和解及び損害賠償額の決定に係る専決処分の報告について
    10. 落雪事故の和解及び損害賠償額の決定に係る専決処分の報告について
    11. 八幡平市税条例等の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについて
    12. 八幡平市学童保育クラブの設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについて
    13. 平成29年度八幡平市一般会計補正予算(第12号)の専決処分に関し承認を求めることについて
    14. 平成29年度八幡平市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについて
    15. 平成29年度八幡平市水道事業会計補正予算(第6号)の専決処分に関し承認を求めることについて
    16. 平成30年度八幡平市一般会計補正予算(第1号)
    17. 監査委員の選任に関し同意を求めることについて

6 第12回八幡平ふるさと会のつどいの開催について(地域振興課)

 平成30年5月27日(日曜日)に東京都内の『ホテルラングウッド』(東日暮里)において、第12回八幡平ふるさと会のつどい(総会)を開催します。

  1. 目的
    この会は、都内及びその近郊に在住する市出身者の親睦と交流をはかり、会員相互の繁栄を期するとともに、ふるさと八幡平市の発展に貢献することを目的としています。
  2. 経緯
    平成17年3町村合併までは、それぞれ旧町村単位(西根ふるさと会、ふるさと松尾会、東京安代会)で活動していましたが、平成19年から、会が設立されて現在に至っており、今年で12回目を迎えます。
  3. 日時
    平成30年5月27日(日曜日)午前11時より
  4. 場所
    ホテルラングウッド(東京都東日暮里)JR山手線日暮里駅南口より、徒歩1分
  5. 構成
    八幡平ふるさと会 会長 田村啓造(西根地区)、事務局長 高橋和一(松尾地区)
    会員数 約1,100名
    八幡平ふるさと会のつどい実行委員長 伊藤勝美(西根地区)
    昨年度出席者数204名(来賓4名含)※一昨年度222名(来賓10名含)
    市内業者(17社)から、協賛品の提供、抽選会で参加者へ進呈(113品)
    市内業者が、特産品を会場内で販売(4社)
  6. 活動
    1. 会誌の発行(会報八幡平 年1回)
    2. 親睦会の開催(ふるさと会の集い等)
    3. 市及び県が開催する都内のイベント参加への協力(せたがや ふるさと区民祭り、八幡平観光物産フェア)
    4. ふるさと八幡平市への寄付(昨年度109,720円)(一昨年度143,470円)
    5. 八幡平市ふるさと大使との連携協力(三ケ田礼一氏、沢田知可子氏ほか17名)
  7. 来賓出席予定者 市長、議長、市商工会長、市観光協会長
  8. その他 八幡平市ふるさと会への市補助金60万円

7 七時雨山山開きの実施について(商工観光課)

 本市の北東部、田代カルデラの南壁に位置する標高1,063mの七時雨山は「新日本百名山」及び「岩手の20名山」に数えられる名山であるとともに、山麓は古代ロマンの里でもあります。
この名山への入山者らの安全及び多くの観光客の来訪を祈念して、「七時雨山山開き」を実施します。

  1. 主催
    八幡平市、(一社)八幡平市観光協会
  2. 協力
    八幡平市山岳協会
  3. 実施期日
    平成30年5月27日(日曜日)
  4. 実施内容
    1. 神事(担当:(一社)八幡平市観光協会)
      • 時間 午前9時から9時半まで
      • 場所 七時雨山西根寺田登山口
      • 内容 登山者の安全祈願
    2. 登山隊出発式(担当:八幡平市)
      • 時間 午前9時半から9時40分まで
      • 場所 七時雨山西根寺田登山口
      • 内容 挨拶、市旗引渡し、登山隊出発
    3. 山開き登山
      内容 午前9時40分 登山隊出発
      正午 山頂到着(南峰)・万歳三唱
      午後1時 自由解散
    4. その他
      登山場所は、田代平登山口と西根寺田登山口で毎年交互に開催している。
      荒天時は、七時雨地区体験観光施設で神事のみ行い、登山は中止する。
      登山判断は、市と山岳協会とで連絡を取り合い、当日午前7時までに決定する。

8 八幡平山開きの実施について(商工観光課)

 登山シーズン到来に伴い、入山者らの安全及び多くの観光客の来訪を祈念して、「八幡平山開き」を実施します。
なお、山開きは、秋田県鹿角市と本市が合同で実施しており、今年度は鹿角市が幹事となります。

  1. 主催
    岩手県八幡平市、秋田県鹿角市(幹事)
  2. 共催
    (一社)八幡平市観光協会、十和田八幡平観光物産協会
  3. 後援
    環境省、(一財)自然公園財団、岩手県、秋田県、八幡平国立公園協会
  4. 協力
    八幡平市山岳協会、翌檜山岳会、鹿角市山岳会、八幡平パークボランティア
  5. 実施期日
    平成30年6月1日(金曜日)
  6. 実施場所
    八幡平山頂レストハウス内、八幡平山頂展望台
  7. 実施内容
    午前10時から八幡平山開き式、11時半から八幡平登頂セレモニー
  8. 荒天時の対応
    • 前日5月31日(木曜日)午後5時までに、八幡平アスピーテラインの通行の判断をし、不可能の場合、関係者に連絡する。前日に判断できない場合は、当日確認のうえ、対応する(出欠報告時に緊急連絡先を報告してもらいます)。
    • 八幡平アスピーテライン通行不能の場合、山開き式は松尾八幡平ビジターセンターで開催する。

9 七時雨マウンテントレイルフェスの開催について(商工観光課)

 八幡平市の豊かな自然を活用するアウトドアスポーツとして、七時雨山・田代山を舞台にトレイルランニングを開催します。当市の観光資源、魅力の再発見を促し、全国に本市の躍動的なイメージをPRします。
 今回も一般コース(35キロ)、ビギナーコース(10キロ)、キッズコース(3キロ)の3コースでの開催となります。
 なお、雪解け時期の開催により山が荒れることを防ぐため、今年は七時雨山頂を除いたコース設定となっております。

  1. 日程
    平成30年6月3日(日曜日)午前7時半 開会式
  2. 場所
    七時雨山エリア周辺
  3.  概要
    1. 一般コース35キロ(男女別高校生以上)
      スタート 午前8時 ※制限時間 6時間(途中2箇所関門あり)
      参加人数 315人(募集人数350人)
      参加費 7,300円
      表彰 男女1位から6位まで
    2. ビギナー10キロ(男女別高校生以上)
      スタート 午前8時半
      参加人数 140人(募集人数100人)
      参加費 4,800円
      表彰 男女1位から3位まで
    3. キッズ3キロ(高校生未満。小学3年生以下は保護者同伴必須)
      スタート 午前9時
      参加人数 37人(募集人数50人)
      参加費 2,000円
      表彰 1位から3位(小学生低学年、高学年、中学生にそれぞれ表彰)
      ※ 参加人数は5月7日現在のものであり、申込期限は5月12日(土曜日)です。
      (2)ビギナー10キロについては、募集人数を上回ったため申し込みを締め切りました。
  4. 主催
    七時雨マウンテントレイルフェス実行委員会
  5. その他
    • ・ 制限時間内に完走した方には完走証、参加者全員に参加賞を贈呈
    • ・ スタート・ゴール地点では飲食店などが並ぶ「マルシェ」を設置
  6. お問い合わせ先
    七時雨マウンテントレイルフェス実行委員会
    (事務局 菊池)携帯電話 090-5128-7735
    七時雨マウンテントレイルフェスホームページ<外部リンク>(新しいウィンドウで開きます)

10 「八幡平市 魅力発見!魅ステリーツアー」の開催について(企画財政課)

 市は、本市ふるさと納税と本市に更なる興味を持っていただくため、寄附者及び情報発信力のあるブロガーを対象にした現地体験ツアーを年4回実施します。
第1回は、ドラゴンアイの散策やわらび採り体験を企画しており、全4回の中でポイントを変えながら、生産者との交流や梱包作業見学、観光や産業、食などの魅力体験を通して、継続した寄附の促進と観光振興、交流人口の増加を図ります。

第1回ツアーの内容

  1. 日時
    平成30年6月6日(水曜日)から7日(木曜日)
  2. 行程(予定)
    1日目 午前10時 参加者集合(JR盛岡駅)からバスで移動
    11時 八幡平名所解説(松尾八幡平ビジターセンター)
    正午 昼食(八幡平山頂レストハウス)
    午後1時 残雪ウォーキング(登山口、ドラゴンアイ、山頂、八幡沼、登山口)
    3時 わらび採り体験
    6時 交流会(松川温泉 松川荘)
    2日目 午前9時 松川地熱発電所見学
    10時 返礼品梱包作業激励(ドリームプロジェクト)
    正午 昼食
    午後2時 参加者解散(JR盛岡駅)

11 パナソニックワイルドナイツの合宿について(商工観光課)

 スポーツ合宿誘致の一環として、昨年に引き続きパナソニックワイルドナイツが八幡平市で合宿を行います。

  1. 日程
    平成30年6月10日(日曜日)から6月16日(土曜日)まで
  2. 場所
    八幡平市ラグビー場を主会場とする
  3. 参加人数
    選手、関係者約50人
  4. 内容
     昨年に引き続きパナソニックワイルドナイツが、八幡平市内に宿泊し合宿を行います。
     合宿期間中には市民との交流事業を予定しています。
  5. チームの概要
     パナソニックワイルドナイツはジャパンラグビートップリーグにおいて平成29年度はリーグ準優勝、28年度はリーグ第3位、27年度はリーグ優勝をしている強豪チームです。
     詳細は、ホームページ参照(新しいウィンドウで開きます) パナソニックワイルドナイツ<外部リンク>

質疑応答の概要

9 七時雨マウンテントレイルフェスの開催について(商工観光課)

Q 一般コースは、ホームページ地図の33キロと資料の35キロはどちらが正しいのか
A 資料の35キロが正しいです。

10 「八幡平市 魅力発見!魅ステリーツアー」の開催について(企画財政課)

  • Q 参加費は市が負担するのですか
    A 首都圏のふるさと納税の寄付者を対象として、盛岡駅までは参加者の自己負担とし、盛岡駅から当市までのバス、宿の手配および料金負担は、市の委託先であるドリームプロジュエクトとなります。
  • Q 定員はあるのか
    A 20人です。
  • Q わらび採り体験で採ったわらびはどうするのか
    A 宿泊先の松川荘で料理してもらいます。二日目には、実際に返礼品の梱包作業体験についても検討中です。
      2回目以降の予定は、(春)夏秋冬の季節ごとに実施し、それぞれの季節ポイントで移動時間をかけないコース設定としたいと考えております。
      (例:りんどうに関する体験、雪かき体験なども検討中)

11 パナソニックワイルドナイツの合宿について(商工観光課)

  • Q 宿泊先、他のチームの参加情報は
    A 詳細は、現在調整中です。トップチャレンジリーグの栗田工業、釜石シーウェイブスについて調整中と聞いています。
  • Q 他のチームと一緒に練習することもあるのか
    A その辺も含めて調整中ですがパナソニックの意向を重視し調整を図ります。
  • Q 高校生の見学とかもあるのか
    A 見学が可能な日程について調整してみます。

発表項目以外に関して

  • Q ラグビーワールドカップのキャンプ地として惜しくも落選したことについて
    A グレードに合ったトレーニング施設の建設費が3億円以上を要し、その後の維持管理費などを考慮すると是非にも招致したいとは言えないものでした。
     当市は、ワールドカップ試合会場の釜石から2時間半と観戦ツアーなどの宿泊先としては十分利用していただける距離となっていることから、観光の一環として当市を利用していただきたい。
  • Q 市議選が終わり今後の市議会がどんな風になると受けとめているのか
    A 確かに新人が5人、元職2人となるのでかなり変わるとは思われますが、まだ議会が始まってみないとどうなるかは分かりません。
  • Q 当選証書付与式の際、行政と議会は車の両輪だと例えていたが
    A 両輪は両輪でも互いが前輪で別方向を向いていては前には進めません。議会は後輪として行政の方向が誤っていればブレーキの役割を担っていただきたいと思っています。
  • Q 今月末にフィールドアーチェリーがあるようですが
    A 25日(金曜日)から27日(日曜日)で、場所はいこいの村岩手周辺となります。
     県アーチェリー協会では、いずれは国際大会を開催したいと考えているようでしたので、ぜひPRしていただきたい。
  • Q 今週末ルワンダ出張のようですが、ルワンダでのリンドウ生産に期待することは
    A 生産が成功し、ルワンダの国の発展と農業振興に繋がってくれればいいと思います。なおかつ、安代りんどうが継続的にヨーロッパ市場に出て行ける環境が整えば、こちらから切花としての輸出や、現在の出荷時期(9月~10月)の前後に輸入が可能になることで、安代りんどうのブランド力の向上に繋がると期待しています。

市長交際費