ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 臨時記者懇談会(平成30年2月20日)

本文

臨時記者懇談会(平成30年2月20日)

報道機関に発表したものを掲載しています。

発表項目内容の詳細については、各担当部署に問い合わせてください。

市長あいさつ

 新年度当初予算一般会計の概要説明ということで、お忙しい中お集まりいただき感謝申し上げます。
 昨日3月定例議会が開催されました。その場でも申し述べましたが、当初予算は例年に比較して大型な予算となっております。その主な原因としては、西根病院、東八幡平地域の観光を支えている地熱発電からの引湯管の敷設替えなどの「医療・観光・まちづくり」と考えます。
 第二次総合計画の中間年であり、基金を取り崩して事業に宛向ける。また、同時に市債の発行も増加となっております。借金が増える傾向にありますが、これまでも計画的な財政運営を進めてきておりますが、今後においても将来の子どもたちに負担がかからないように配慮しながら予算編成をさせていただいております。

発表項目

 下記項目について、別紙資料『平成30年度当初予算(案)概要説明書』に沿って説明

質疑応答の概要

  • Q スポーツ大会出場選手報奨金について、過去のオリンピック出場者に対しては同様の報奨金の交付はありましたか。
    A 過去には三ヶ田選手などが出場しましたが合併前のことであり、永井秀昭選手がソチオリンピックに出場した際は、このような発想には至りませんでした。これからの若い人たち、子どもたちがオリンピックを目指す意欲の増進につながることを期待するものです。
      また、パラリンピックのバイアスロン競技選手の強化指定施設として田山スキー場が認定されましたので、今後はパラリンピックに限らずバイアスロンのメッカにできるよう目指していきたいと思います。今回の予算にはありませんが、補正予算の対応などを検討していく予定があります。
  • Q クラウドファンディング活用支援補助金について、これまでもクラウドファンディングを活用した事業があったのでしょうか
    A 1人の方からクラウドファンディングで起業したいが、ネットに掲載する諸経費がかかるということで相談がありました。当市では他に起業家支援センターを設置しています。
  • Q 繁殖・育成センター整備事業について、本年度は視察のみのようですが何年くらいのスパンでセンター整備を計画していますか
    A 来年度、国に申請し計画が認められれば翌年度からスタートはできる見込みです。
  • Q 市内には同様のセンターはなかったのですか
    A 全くありません。今回、生産者の要望も大く農協でも畜産振興に関る意欲があることから、それを尊重し市は前向き取り組むものです。あくまでも成功の可否は整備後の経営をどうするか生産者と農協で詰めていくことが大きな課題となっております。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)


市長交際費