ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 定例記者懇談会(平成29年7月)

本文

定例記者懇談会(平成29年7月)

報道機関に発表したものを掲載しています。

発表項目内容の詳細については、各担当部署に問い合わせてください。

発表項目

1 八幡平市林業新規就労者対策事業補助金について(農林課)

 本市における林業新規就労者の雇用を促進するため、新規就労者及び雇用事業主に補助金を交付します。

  1. 対象者
    • 新規就労者
      過去に林業に従事した経験が1年未満で、補助事業開始年度の前年度の3月31日時点で40歳以下であり、かつ市内に住所を有する者で、新たに林業就労する者
    • 新規就労者受入事業体
      市内に事務所または事業所を有しており、森林施業、製材を主たる業務とし、上記新規就労者を雇用する法人
  2. 補助期間 最長2年間
  3. 補助金額
    • 新規就労者
      月額3万円。また、市内に所在する貸家に賃借契約に基づいて居住する場合は、家賃月額の2分の1を助成(上限2万円)
    • 新規就労者受入事業体
      新規就労者1人当たり月額2万円
  4. 交付条件
    • 新規就労者
      補助期間内は市内に住所登録を行い、同一の林業事業体で林業就労を継続すること
    • 新規就労者受入事業体
      補助金を理由に給与等を減額しないこと。新規就労者を月給制の通年雇用とし、かつ、社会保険制度に加入させること
  5. その他
    • 必要があると認められるときは、前金払も可能
    • 6カ月ごとに雇用状況を報告

2 タイ国タマサート大学生日本生活文化体験旅行受け入れについて(地域振興課)

 タイ国タマサート大学生日本生活文化体験旅行の受け入れは、平成7年から行っています。
 今年は、教養学部日本語学科の学生12名(女子学生9名、男子学生3名)、教員1名の計13名が7月12日から22日の間、八幡平市を訪れています。
 学生のホームステイは、八幡平市ホストファミリーの会(鈴木信一会長、会員29ファミリー)が受け入れをしています。
 滞在期間中は、ホームステイ先の家族や市民などとの交流を通して、日本の文化・生活を体験し、生きた日本語を学びます。また市民にとってもタイの大学生に接し、相互理解を深めるなど、国際交流の貴重な機会になります。

  1. 期間
    平成29年7月12日(水曜日)から22日(土曜日)まで
  2. 受け入れする人数
    13名(女子9名、男子3名、教員1名)
  3. 主な行事
    7月12日(水曜日)対面式
    7月13日(木曜日)市内視察、学童保育クラブ訪問、山車太鼓体験
    7月14日(金曜日)寺院拝観、保育園訪問、高齢者施設訪問
    7月15日(土曜日)八坂神社祭典山車参加
    7月17日(月曜日)グラウンドゴルフ体験、ホテルでの職場体験
    7月18日(火曜日)小学校訪問、日・タイ文化交流会
    7月19日(水曜日)企業見学、体験型宿泊施設での体験学習
    7月20日(木曜日)高校訪問、市民グループとの交流、学童保育クラブ訪問
    7月21日(金曜日)日本文化体験
    7月22日(土曜日)お別れセレモニー

3 第24回はちまんたいHAPPYカップリングの開催について(地域福祉課)

 八幡平市出会い支援事業「はちまんたいHAPPYカップリング」の今年度第1回目となるイベントを開催します。
 今回は、「ナチュラル&スピリチュアル 八幡平縁結びバスツアー」と題しまして、貸切バスで市内を移動しながら、そして自然と触れ合いながら、良いご縁を探していただきます。

  1. 開催日 平成29年7月23日(日曜日)
  2. 事業の詳細
    八幡平HAPPYカップリングチラシ[PDFファイル/1.6MB]
  3. 八幡平出会い成婚祝金
    八幡平出会い成婚祝金(※)の対象イベントです。
    ※ 八幡平市出会い支援事業「はちまんたいHAPPYカップリング」を通じて、イベント開催 日から2年以内に成婚し、条件を満たしたカップルには、合計で50万円分の祝金を贈呈します。
  4. 昨年度参加者等のその後について
    昨年度は4回のイベントを開催し、合計51名(男性28名、女性23名)のご参加をいただき、イベント内で9組のカップルが誕生しました。
    また、今年に入って2組のカップルからご結婚のお知らせをいただいております。(平成27年度、平成28年度参加者)

4 八幡平市教育研究所夏季公開講座の実施について(教育指導課)

 本市教職員の専門性の維持向上及び教職員として必要な能力や資質を高めるために、教育の今日的課題にもとづく9つのテーマで研修講座を開催します。
 その中で、小学校体育の授業の教材として「タグ・ラグビー」を導入するための講義・実技指導を実施し、本市児童生徒の体力向上に役立てるとともに、本市児童生徒にラグビー競技への興味・関心をもたせ、本市のラグビーワールドカップ・キャンプ地誘致活動の気運を盛り上げることにつなげます。

  1. 主催
    八幡平市教育研究所
  2. 日時
    平成29年7月28日(金曜日)午前9時半から正午まで
  3. 場所
    八幡平市鬼清水球技場
  4. 講師
    八幡平市立大更小学校(校長 大谷 冬太)
    ラグビー・フットボール協会(ボランティア)
  5. 内容
    1. タグ・ラグビーのルールの説明
    2. タグ・ラグビーの技術指導
    3. 体育授業への導入の仕方
    4. 指導上の注意点
    5. ゲーム

5 第30回田山ジュニアサマージャンプ大会の開催について(地域振興課)

 八幡平市スキー大会実行委員会が主管する事業の一つである「第30回田山ジュニアサマージャンプ大会」を8月6日(日曜日)に岩手県営スキージャンプ場で開催します。
 参加対象は小学生・中学生であり、市内・県内はもとより北東北及び北海道などから精鋭が参加する大会です。
 本大会は、地元選手の強化、ジャンプ競技の底辺拡大、参加選手の交流、施設の有効活用を目的として開催するものです。

  1. 期日 平成29年8月6日(日曜日)
  2. 会場 岩手県営スキージャンプ場(八幡平市矢神地内)
  3. 主管 八幡平市スキー大会実行委員会
  4. 大会概要 別紙、開催要項[PDFファイル/258KB]
  5. 参加実績(過去5年間)
    第25回大会 27人
    第26回大会 36人
    第27回大会 56人
    第28回大会 31人
    第29回大会 44人
  6. 特記事項 例年、女子ジャンパーも参加しています。

6 平成29年度八幡平市成人式の実施について(地域振興課)

 市と市教育委員会は、新しく成人となる青年たちが、豊かな生活を創造し、明るい郷土を建設する担い手となることを期待し、社会人としての自覚を促すため、成人式を開催します。

  1. 主催
    八幡平市・八幡平市教育委員会
  2. 期日
    平成29年8月15日(火曜日)午前9時30分から午前11時20分まで(予定)
  3. 会場
    八幡平市西根地区市民センター 2階 大ホール
  4. 対象者
    269人(男性122人、女147人)
    平成8年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた者で、次のいずれかに該当する者
    1. 八幡平市内の中学校を卒業した者
    2. (1)以外の者で、平成29年4月末現在、市内に住所を有する者
    3. 今まで八幡平市(旧西根町・松尾村・安代町)に住んでいた人で出席を希望する者
  5. 内容
    1. 式典
    2. 記念講演
    3. 記念写真撮影(記念品となります)
  6. その他
    本年度は昨年度と同様、中学校卒業時の担任を来賓として案内する予定

7 あっぴリレーマラソン2017大会の開催について(地域振興課)

 第24目となる「あっぴリレーマラソン2017大会」を9月3日(日曜日)に安比高原で開催します。
 2キロの周回コースを利用し、タスキをつなぎながらフルマラソンの距離(42.195キロ)を走るもので、全国的にも数少ないマラソン大会です。

  1. 期日 平成29年9月3日(日曜日)午前10時号砲
  2. 会場 安比高原特設コース
  3. 主催者 あっぴリレーマラソン大会実行委員会
  4. 大会概要
    1. 参加資格 6歳以上の男女
    2. 競技方法 1チーム4人以上10人以内でチーム編成し、1周2キロの周回コースを21周と195メートルをタスキをリレーして走る。制限時間は4時間30分とし、走順や走る回数はチームが自由に設定できる。
    3. 参加料 高校生以下 1,500円、大人 2,000円(消費税・保険料込み)
    4. チーム数 350チーム
    5. 募集期間 平成29年6月16日(金曜日)から8月4日(金曜日)まで※定員になり次第締切り
    6. 部門 5部門(一般、男子、小学生、職場、ファミリー部門)
  5. 参加実績(過去5年間)
    2012大会 347チーム 2,913人
    2013大会 337チーム 2,852人
    2014大会 355チーム 3,063人(過去最大)
    2015大会 352チーム 3,024人
    2016大会 355チーム 3,050人
  6. 特記事項
     リレーマラソンは、周回コースを同じ選手が複数回走ることができるため、応援に来られた方も楽しむことができます。そのため、選手数に対し来場者数が多くなっていることも本大会の特長の一つとなっています。

7 その他
第29回ガーデンフェスティバル(商工観光課)

第29回ガーデンフェスティバルチラシ[PDFファイル/612KB]

質疑応答の概要

1 八幡平市林業新規就労者対策事業補助金について

  •  林業事業に対する支援は計画か何かで今年から力を入れていくということですか
    A これまで、農業に対する支援はしているが、市内には地域の特徴があり、特に安代地域は林業とリンドウであるが、やはり人手不足があることから林業支援もしていきたい。
  • Q 4月から初めて申請はありますか
    A まだありません。7月20日(木曜日)に林業関係団体連絡会議を予定しており、その場でPRしたいと考えております。
  • Q 県内では他にありますか。事業者側にも補助するのはめずらしいですね。
    A あまり聞いたことは無いですね。
    (洋野町であるようです)
    農業支援もそうですが、やはり教える人がいないとものにならないので、指導者にも補助していきます。

2 タイ国タマサート大学生日本生活文化体験旅行受け入れについて

  •  今回始めての行事はありますか
    A 7月17日にロイヤルホテルで職場体験として皿洗い、ベットメイキングを予定しています。
  • Q そもそもこの事業が始まったきっかけは
    A 以前、県の事業で学校の教員を海外に1~2年派遣する制度があり、たまたまタイへ行った旧西根町の方とタイの先生との交流が縁で始まったと聞いています。
  • Q これまで30年ほど帯同した教員が退職するようですが来年からはどうなりますか
    A それは今後の協議になります。大学側からは、こちらからもタイに来て欲しいと言われている。タマサート大学は、例えば盛岡駅から岩手大学までの広大な土地が大学の敷地となっている。その中には寮も完備されているので受け入れ態勢は整っているとのことです。

4 八幡平市教育研究所夏季公開講座の実施について

 何人くらいの参加ですか
A 午前中は教員25人くらいを対象とします。
 午後は、子ども達も集めて指導したいという検討もしています。

5 第30回田山ジュニアサマージャンプ大会の開催について

 誰かゲストは来ますか
A それはありません。他ではデモンストレーションジャンパーがいるところもあると聞きます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)


市長交際費