ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 八幡平市議会 > 令和2年第3回定例会を終えて

本文

令和2年第3回定例会を終えて

令和2年第3回定例会を終えて

令和2年八幡平市議会第3回定例会が、9月4日から9月25日までの22日間の会期で開会されました。令和元年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率(どちらも問題無し)の報告等を受けた後、1人の人権擁護委員候補者の推薦に関して、3人の固定資産評価審査委員会の委員の選任に関して、及び1人の教育委員会の委員の任命に関して、同意しました。また最終日に、教育委員会の教育長の任命に関し、星俊也氏を再任することに同意しました。今定例会では、新型コロナウイルス感染症対策に関する補正予算案を初日に審議するなど、1日でも早く市民の方々及び事業者の方々に支援が行われるよう配慮した日程としました。

一般質問は9人の議員が行い、中学校の教科書検定結果について、新型コロナウイルス感染症対策について、市立病院の改革プランと周辺整備について、介護支援ボランティアについて、GIGAスクール構想及び少人数学級について、鳥獣被害について等、市政に関し幅広く市当局と活発に議論しました。
決算特別委員会では、3つの分科会に分かれて各々の所管を審議した後、全体質疑を行いました。総務分科会では、入湯税や地方交付税、公有財産の管理、空き家対策等について、教育民生分科会では、出会い支援事業、介護予防・日常生活支援事業、保育対策支援事業等について、産業建設分科会では、新規就農者支援事業、農地中間管理機構集積協力金交付事業、観光振興対策事業、市道舗装整備等について議論し、本会議において全議案を原案の通り可決しました。

「平舘地域道路改良に関する請願」については産業建設常任委員会、「安全・安心で、ゆきとどいた教育実現につながる少人数学級の実現を求めることについての請願書」については教育民生常任委員会でそれぞれ審議した後、どちらも本会議で採択されました。「政府に対し緊急経済対策として消費税率5%への引き下げを求める意見書の提出を求める請願」については総務常任委員会で審議し、委員会では採択したものの、本会議において賛成・反対それぞれ2件の討論があった後、不採択になりました。また、「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書」は、本会議で採択されました。

最後に、今回の決算審議を踏まえて、来年度の予算に反映させるべく議論してまいりますので今後とも市議会へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

令和2年10月23日


八幡平市議会
議長   工藤剛

令和2年第3回定例会を終えて [PDFファイル/150KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)