ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 国民健康保険税 > 新型コロナウイルス特設サイト > 新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者の国民健康保険税を減免

本文

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者の国民健康保険税を減免

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者の国民健康保険税は、申請することで減免が認められる場合があります。

減免対象者・減免額

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方

国民健康保険税を全額免除

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる次の⑴~⑶すべてに該当する世帯の方

国民健康保険税の一部を減額

  • (1)事業、不動産、山林、給与収入のいずれかが、前年に比べて30%以上減少する見込み
  • (2)前年の合計所得金額が1000万円以下
  • (3)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下

対象となる保険税

令和2年2月1日から3年3月31日(水曜日)までの期間中に普通徴収の納期限(特別徴収は年金の支払日)が設定されているもの

減免額の計算方法

減免対象保険税( A × B ÷ C )×減免割合で計算された額 ( D )

  • A…被保険者全員の保険税額
  • B…主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入などに係る前年の所得額
  • C…主たる生計維持者とすべての被保険者の前年の合計所得金額
  • D…下記を参照してください
減免割合で計算された額
前年の合計所得 減免割合
300万円以下 100%
400万円以下 80%
550万円以下 60%
750万円以下 40%
1,000万円以下 20%

※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、100%の減免割合となります

必要書類

1、2の対象者が共通して必要なもの

  • 印鑑
  • 納付書または納税通知書
  • 納税義務者の通帳

1の対象者が必要なもの

 死亡診断書、医師の診断書など

2の対象者が必要なもの

  • 主たる生計維持者の令和元年中の収入が分かる書類の写し
  • 主たる生計維持者の令和2年1月以降の収入が分かる書類(帳簿など)の写し

市からのメッセージ
新型コロナウイルス関連情報
給付金・各種支援情報