ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災 > 災害への備え > 新型コロナウイルス特設サイト > 避難所における新型コロナウイルス感染症への対応を検討しておこう

本文

避難所における新型コロナウイルス感染症への対応を検討しておこう

新型コロナウイルス感染症が蔓延する状況において災害が発生し避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要となっています。

また、災害時には、断水により手指の流水洗浄ができない可能性もあること、また、避難所など密集した環境下での集団生活等により、ノロウイルス等による感染性胃腸炎やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染が拡大するリスクが高まります。
新型コロナウイルスが終息する前に地震、風水害が起きたらどうなるのか、平時の事前準備及び災害時の対応を考えておきましょう。

「避難」とは、「災難を避けること」であり、「災害を避けて、安全な場所にへ移動すること」です。

自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。
自宅が危険な場合も、避難先は市指定の避難所だけではありません。安全な親戚や友人の家等避難することも検討しておきましょう。

避難所以外に避難する場所がない方を、避難所で適切に受け入れられるようご協力ください。

また、新型コロナウイルス感染症がまん延する状況においての避難場所開設方法等、変更があり次第、内容を更新してまいります。

あらかじめ避難が必要かどうかを検討しましょう

自宅での安全確保の確認

八幡平市防災マップ等で、自宅での安全確保が可能か確認しましょう。

親戚や友人の家等への避難の検討

避難が必要な場合には、避難所が過密状態になることが予想されます。避難所の過密状態を防ぐため、可能な方は親戚や友人の家等への避難を検討しましょう。

風水害時の事前避難

風水害時には、避難途中に災害に遭うことも想定されます。遠くの親戚や知人の家に避難する場合は、避難途中に災害に遭わないよう、警戒レベル3を待たずに早めに避難を完了させましょう。

避難所での注意事項

避難者の健康状態の確認

避難所へ到着時に、健康状態を確認させていただきますのでご協力ください。

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

避難者や、避難所運営は、断水等の影響がない場合、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。

非常持出し品の携行、避難場所の衛生環境の確保

市の備蓄品には限りがあります。水害時、事前に避難する際は、自分の必要なものは自分で持っていけるよう時間に余裕をもって準備し、降雨が激しくなる前に避難を完了してください。

物品等は定期的に、目に見える汚れがあるときに、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難所の衛生環境確保に努めなければなりません。避難された方も、ご協力をお願いします。

十分な換気の実施、スペースの確保等

避難所内は、十分な換気をするとともに、避難者が十分なスペースを確保できるよう努めます。
避難者の方々にも換気の協力と、スペース確保の協力をお願いします。

発熱、咳等の症状が出た方のための専用スペースの確保

発熱、咳等の症状が出た方の専用のスペースを確保します。発熱、咳等の症状が出た方は、出来るだけ早くお申し出ください。

症状の出た方の専用スペースやトイレは、一般の避難者とはゾーン、動線を分けますのでご協力ください。

関連情報リンク

  1. 【厚生労働省】災害時における避難所での感染症対策<外部リンク>
  2. 【内閣府】令和元年台風第19号等を踏まえた水害・土砂災害からの避難のあり方について(報告)<外部リンク>
  3. 【内閣府】避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について 令和2年4月1日<外部リンク>
  4. 【内閣府】避難所における新型コロナウイルス感染症への更なる対応について 令和2年4月7日<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードして下さい。(無料)


市からのメッセージ
新型コロナウイルス関連情報
給付金・各種支援情報