ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナワクチン接種に関する情報 > 新型コロナウイルスワクチン

本文

新型コロナウイルスワクチン

新型コロナウイルスワクチン

国では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、国民の生命及び健康を損なうリスクや医療への負担を軽減するため、新型コロナウイルスワクチンの確保に取り組んでいます。
市においても、ワクチンが供給され次第、市民の皆さまが、すみやかに接種を受けられるよう接種体制の確保を進めています。

ワクチン接種概要

対象者は、市の区域内に居住する16歳以上の方です。(令和3年4月現在)

ワクチンの供給量に限りがあるため、まずは、医療従事者等への接種を行い、次に65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)、その次に基礎疾患を有する方や高齢者施設等の従事者など、接種対象者を段階的に拡大していきます。

接種箇所は肩より少し下の腕の筋肉(三角筋)への筋肉内注射で、標準的には20日の間隔を置いて2回接種となっています。

本人の同意に基づき接種が行われますので、同意されない方に接種することはありません。

なお、疾患の状況などにより接種の適応などに不安がある方は,かかりつけ医に相談するか、厚生労働省のコールセンターへお問い合わせください。