トップページ  >  市長のページ  >  記者発表  >  八幡平市定例記者懇談会(平成31年4月9日)

八幡平市定例記者懇談会(平成31年4月9日)

発表項目

小林陵侑選手に対する八幡平市スポーツ栄誉賞の授与について(地域振興課)

市は、小林陵侑選手の活躍に対し、八幡平市スポーツ栄誉賞を授与することを決定しました。
この賞は、八幡平市市民栄誉賞に次ぐ表彰として今回新たに設けるものです。

1 八幡平市スポーツ栄誉賞について

市は、2018/2019スキージャンプ・ワールドカップで、史上3人目のジャンプ週間完全優勝、史上5人目の最多6連勝、史上2位の年間13勝など数々の記録を打ち立て、日本人男子初の総合優勝に輝いた小林陵侑選手に対し、八幡平市市民栄誉賞に次ぐ表彰として、4月8日付けで「八幡平市スポーツ栄誉賞表彰要綱」を制定。小林陵侑選手に授与することを決定しました。
授与式日程など詳細については、陵侑選手が所属する土屋ホームスキー部と協議中であり、協議が整い次第公表します。(5月の連休明け平日に、八幡平市内開催の方向で調整中)
なお、小林陵侑選手のワールドカップ個人総合優勝や、小林潤志郎選手および永井秀昭選手のノルディック世界選手権入賞を祝う懸垂幕・横断幕を、市役所本庁舎など3か所に掲示しました。

2 2018/2019スキージャンプおよびノルディック複合における本市出身選手の競技結果

(1) ジャンプ(ワールドカップ総合成績:小林陵侑優勝=日本人男子初、小林潤志郎19位)

  • 11月17日(土曜日)、ポーランド・ヴィスワ (団体1戦目)日本4位(陵侑、潤志郎出場)
  • 11月18日(日曜日)、ポーランド・ヴィスワ (個人1戦目)陵侑3位、潤志郎19位
  • 11月24日(土曜日)、フィンランド・ルカ (個人2戦目)陵侑優勝1回目、潤志郎17位
  • 11月25日(日曜日)、フィンランド・ルカ (個人3戦目)陵侑優勝2回目、潤志郎18位
  • 12月1日(土曜日)、ロシア・ニジニタギル (個人4戦目)陵侑3位、潤志郎30位
  • 12月2日(日曜日)、ロシア・ニジニタギル (個人5戦目)陵侑優勝3回目、潤志郎19位
  • 12月8日(土曜日)~9日(日曜日)、ドイツ・ノイシュタット(団体2戦目、個人6戦目)キャンセル
  • 12月15日(土曜日)、スイス・エンゲルベルグ (個人7戦目)陵侑7位、潤志郎22位
  • 12月16日(日曜日)、スイス・エンゲルベルグ (個人8戦目)陵侑優勝4回目、潤志郎20位
  • 12月30日(日曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ (個人9戦目)陵侑優勝5回目、潤志郎50位
  • 1月1日(日曜日)、ドイツ・ガルミッシュ (個人10戦目)陵侑優勝6回目、潤志郎5位
  • 1月4日(金曜日)、オーストリア・インスブルック (個人11戦目)陵侑優勝7回目、潤志郎26位
  • 1月6日(日曜日)、オーストリア・ビショフスホーフェン(個人12戦目)陵侑優勝8回目、潤志郎29位
  • 1月12日(土曜日)、イタリア・ヴァルディフィエンメ (個人13戦目)陵侑優勝9回目、潤志郎21位
  • 1月13日(日曜日)、イタリア・ヴァルディフィエンメ (個人14戦目)陵侑7位、潤志郎28位
  • 1月19日(土曜日)、ポーランド・ザコパネ (団体3戦目)日本5位(陵侑、潤志郎出場)
  • 1月20日(日曜日)、ポーランド・ザコパネ (個人15戦目)陵侑7位、潤志郎37位
  • 1月26日(土曜日)、札幌 (個人16戦目)陵侑5位、潤志郎19位
  • 1月27日(日曜日)、札幌 (個人17戦目)陵侑3位、潤志郎22位
  • 2月1日(金曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ (個人18戦目)陵侑14位、潤志郎21位
  • 2月2日(土曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ (個人19戦目)陵侑優勝10回目、潤志郎27位
  • 2月3日(日曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ (個人20戦目)陵侑9位、潤志郎24位
  • 2月9日(土曜日)、フィンランド・ラハティ (団体4戦目)日本3位(陵侑、潤志郎出場)
  • 2月10日(日曜日)、フィンランド・ラハティ (個人21戦目)陵侑2位、潤志郎21位
  • 2月16日(土曜日)、ドイツ・ヴィリンゲン (個人22戦目)陵侑3位、潤志郎12位
  • 2月17日(日曜日)、ドイツ・ヴィリンゲン (個人23戦目)陵侑優勝11回目、潤志郎18位
  • 2月22日(金曜日)~3月2日(土曜日)、オーストリア・ゼーフェルト(ノルディック世界選手権)
    2月23日(男子ラージヒル)陵侑4位、潤志郎17位
    2月24日(男子団体)日本3位(陵侑、潤志郎出場)
    3月1日(男子ノーマルヒル)陵侑14位、潤志郎17位
    3月2日(混合団体)日本5位(陵侑出場)
    世界選手権の団体メダルは10年ぶり(世界大会ではソチ五輪以来)、兄弟同時表彰台は日本人初
  • 3月9日(土曜日)、ノルウェー・オスロ (団体5戦目)日本2位(陵侑、潤志郎出場)
  • 3月10日(日曜日)、ノルウェー・オスロ (個人24戦目)陵侑5位、潤志郎11位
  • 3月12日(火曜日)、ノルウェー・リレハンメル (個人25戦目)陵侑3位、潤志郎5位
  • 3月14日(木曜日)、ノルウェー・トロンハイム (個人26戦目)陵侑優勝12回目、潤志郎20位
  • 3月16日(土曜日)、ノルウェー・ヴィケルスン (団体6戦目)日本5位(陵侑、潤志郎出場)
  • 3月17日(日曜日)、ノルウェー・ヴィケルスン (個人27戦目)陵侑2位、潤志郎33位
  • 3月22日(金曜日)、スロベニア・プラニツァ (個人28戦目)陵侑2位、潤志郎13位
  • 3月23日(土曜日)、スロベニア・プラニツァ (団体7戦目)日本4位(陵侑、潤志郎出場)
  • 3月24日(日曜日)、スロベニア・プラニツァ (個人29戦目)陵侑優勝13回目、潤志郎15位

(2) ノルディック複合(ワールドカップ総合成績:永井秀昭29位)

  • 11月24日(土曜日)、フィンランド・ルカ (個人1戦目)永井24位
  • 11月25日(日曜日)、フィンランド・ルカ (団体1戦目)日本2位(永井出場)
  • 11月30日(金曜日)、ノルウェー・リレハンメル (個人2戦目)永井欠場
  • 12月1日(土曜日)、ノルウェー・リレハンメル (個人3戦目)永井31位
  • 12月2日(日曜日)、ノルウェー・リレハンメル (個人4戦目)永井34位
  • 12月22日(土曜日)、オーストリア・ラムソウ (個人5戦目)永井29位
  • 12月23日(日曜日)、オーストリア・ラムソウ (個人6戦目)永井27位
  • 1月5日(土曜日)、エストニア・オテパ (個人7戦目)永井34位
  • 1月6日(日曜日)、エストニア・オテパ (個人8戦目)永井21位
  • 1月11日(金曜日)、イタリア・ヴァルディフィエメ (個人9戦目)永井16位
  • 1月12日(土曜日)、イタリア・ヴァルディフィエメ (個人10戦目)永井30位
  • 1月13日(日曜日)、イタリア・ヴァルディフィエメ (団体スプリント1戦目)日本11位(永井欠場)
  • 1月18日(金曜日)、フランス・シャネーヴェ (個人11戦目)永井秀昭11位
  • 1月19日(土曜日)、フランス・シャネーヴェ (個人12戦目)永井秀昭23位
  • 1月20日(日曜日)、フランス・シャネーヴェ (個人13戦目)永井秀昭18位
  • 2月2日(土曜日)、ドイツ・クリンゲンタール (個人14戦目)永井秀昭欠場
  • 2月3日(日曜日)、ドイツ・クリンゲンタール (個人15戦目)永井秀昭欠場
  • 2月9日(土曜日)、フィンランド・ラハティ (団体スプリント2戦目)日本5位(永井出場)
  • 2月10日(日曜日)、フィンランド・ラハティ (個人16戦目)永井秀昭11位
  • 2月19日(火曜日)~3月3日(日曜日)、オーストリア・ゼーフェルト (ノルディック世界選手権)
    2月22日(個人ラージヒル)永井17位
    2月24日(団体スプリント・ラージヒル)日本4位(永井欠場)
    2月28日(個人ノーマルヒル)永井20位
    3月2日(団体ノーマルヒル)日本4位(永井出場)
  • 3月9日(土曜日)、ノルウェー・オスロ (個人17戦目)永井18位
  • 3月16日(土曜日)、ドイツ・ショナッハ (個人18戦目)永井20位
  • 3月17日(日曜日)、ドイツ・ショナッハ (個人19戦目)永井26位

八幡平市高齢者先進安全自動車購入費補助事業の実施について(防災安全課)

高齢者の運転による自動車事故を防止し、事故時における被害の軽減を図るため、70歳以上の方を対象に、安全運転装置を搭載した新車の購入費用の一部を予算の範囲内で補助します。

  1. 補助の対象「車」(次の(1)から(4)までの要件を全て満たす自動車)
    (1)補助金の交付を受けようとする年度内に新車登録された自家用及び乗用の用途であること
    (2)車両本体価格(消費税抜き)200万円以下であること
    (3)自動車検査証の使用の本拠の位置が市内であること
    (4)市内の自動車販売店から購入した自動車であること
  2. 補助の対象「者」(次の(1)から(4)までの要件を全て満たす個人)
    (1)市内に住所を有する者であって、新車登録日において70歳以上であること
    (2)営利を目的とせず、自ら使用する目的で新車を購入した者であること
    (3)自動車運転免許証を保有していること
    (4)自動車検査証の使用者と一致していること
    (5)市税の滞納がないこと

  3. 補助金額
    搭載される安全運転装置により、次のとおり。
    (1)自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線維持支援制御装置又は車線逸脱警報装置、先進ライト 10万円
    (2)自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置 8万円
    (3)ベーシック 低速自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置 8万円
    ※ 1人当たり1回限りの補助です。

  4. 申請方法
    必要書類等、申請方法については、防災安全課までお問い合わせください。

八幡平市介護支援ボランティアポイントモデル事業の実施について(健康福祉課)

柏台小学校区域をモデル地区として、65歳以上の市民の方が介護保険施設や支援を必要とする高齢者宅でボランティア活動を行った際、ポイントを付与し、そのポイントを八幡平市共通商品券に交換できる事業を実施します。
この事業は、介護保険の地域支援事業として実施するもので、高齢者の介護予防を目的としています。

  1. 事業の名称
    八幡平市介護支援ボランティアポイントモデル事業
  2. 事業開始日
    平成31年4月1日
  3. 事業実施区域
    八幡平市立柏台小学校区域
  4. 事業の概要
    65歳以上の市民の方が介護保健施設等でボランティア活動を行った際、おおむね60分を基本に1ポイントを付与します。このポイントは、1ポイント100円相当とし、年間最大5,000円分の八幡平市共通商品券と交換することができます。
  5. ボランティア活動の実施場所
    (1)区域内の介護保険施設(予定)
     ・特別養護老人ホーム 富士見荘
     ・介護老人保健施設 希望(のぞみ)
     ・ケアハウス アーベイン八幡平
     ・松尾デイサービスセンター
     ・八幡平ハイツ デイサービスほかほかクラブ
    (2)区域内の支援を必要とする高齢者宅
  6. ボランティア活動例 別添チラシ(PDF形式 897KB)参照
  7. ボランティア研修
    (1)日時 平成31年4月22日(月曜日)午前10時~午後4時
    (2)場所 八幡平市役所多目的ホール棟大ホール
    (3)募集定員 30名
  8. その他
    ボランティア研修の受講とボランティア活動保険への加入が必要

八幡平市保育士就職支援・定着促進緊急対策事業につい(地域福祉課)

保育士確保が喫緊の課題のため、市では市内の私立保育園等に就職した者に対して経済的支援を行うことにより、保育士の確保及び定着を促進し、待機児童の解消を図るため、八幡平市保育士就職支援・定着促進緊急対策事業を平成30年度より3カ年実施します。

  1. 対象者
    次の要件を全て満たす人(途中採用の方も対象となります。)
    (1)保育士の資格を有している人
    (2)平成33年3月31日までの間に市内の私立保育園等に新たに常勤の職員として就職した人
    (3)保育士として1年以上の期間、継続して保育業務を行う見込みである人
  2. 補助金額
    勤務1カ月当たり1万円
  3. 補助期間
    就職した月から平成36年3月31日まで(36カ月を限度)
  4. 補助実績
    平成30年度 3人

いわて北自治体クラウド共同利用推進協議会への加入について(総務課)

二戸市、雫石町、西和賀町、軽米町、九戸村、洋野町、一戸町で構成されている「いわて北自治体クラウド共同利用推進協議会」(平成30年8月30日協定)へ、八幡平市も加入しました。

  1. 加入日
    平成31年3月19日(火曜日)
  2. 協定内容
    別添協定書のとおり。(省略)
  3. 自治体クラウドとは
    人口減少や高齢化が進み、住民のニーズも多様化する中、従来のように各市町村が全分野の事務事業をそれぞれ行うことが財政的にも業務的にも困難になる局面を迎えつつあり、複数の市町村が連携して効率的な行政サービスを行う態勢づくりが求められています。
    そうした中で国が推進する自治体クラウドは、複数の自治体でシステムやサーバーを共同利用することにより、経費削減や住民サービスの向上を図るものです。
  4. 今後について
    構成団体が連携し、更なる情報システムのコスト削減、業務の効率化、業務の標準化に向け協議を重ねていきます。

新入学期の交通事故防止推進期間の黄色い羽根街頭配布の実施について(防災安全課)

平成31年4月6日(土曜日)から15日(月曜日)までの期間中、「登下校 いつもの道こそ 要注意」をスローガンに新入学期の交通事故防止推進運動が行われています。
4月11日(木)には市内各小中学校の入り口で黄色い羽根を配布し、交通事故防止の徹底を呼びかけます。
また、今年もご当地ヒーローのハチマンタイラーが応援に駆けつけてくれます。

  1. 実施日時
    (1)運動期間 平成31年4月6日(土曜日)~15日(月曜日)
    (2)黄色い羽根街頭配布 平成31年4月11日(木曜日)7時30分~8時10分
  2. 実施場所
    平舘小学校ほか市内小中学校
  3. 参集
    岩手警察署、八幡平市交通安全協会、八幡平市交通安全母の会、八幡平市交通指導隊、八幡平市商工会青年部

「桜と雪の回廊観光キャンペーン2019」について(商工観光課)

桜の開花と日本一長い全長27キロメートルの雪の回廊を同時に観賞できる八幡平アスピーテライン、八幡平樹海ラインの開通に合わせ、4月15日(月曜日)から5月31日(金曜日)までを「桜と雪の回廊観光キャンペーン2019」と銘打ち、岩手県と秋田県の八幡平エリアを巡るキャンペーンを展開します。
なお、キャンペーン中は、抽選で十和田八幡平国立公園周辺地域の特産品が当たるスタンプラリーや同エリアで様々なイベントが開催されます。

  1. 八幡平アスピーテライン開通式
    日時 4月15日(月曜日)午前9時40分開通式(午前10時開通予定)
    場所 緑ヶ丘ゲート(岩手県側)、ふけの湯ゲート(秋田県側)
    内容 ゲート開門後、5月中旬頃まで雪の回廊の観賞が可能
    ※両県でそれぞれ開催する。
  2. 八幡平樹海ライン開通式
    日時 4月26日(金曜日)午前9時40分開通式(午前10時開通予定)
    場所 松川ゲート
    内容 ゲートが開門後、八幡平アスピーテラインとは異なる景色が楽しめる。
  3. 不動の滝まつり
    日時 5月3日(金曜日・祝日)午前9時30分~午後3時
    場所 桜松公園
    内容 歌謡ショー、ステージ発表、特産品販売、屋台など
  4. 八幡平さくらまつり
    日時 5月4~5日(土曜日・祝日、日曜日)午前10時~午後2時30分
    場所 岩手県県民の森
    内容 木工体験、自然観察会など
  5. 八幡平山開き
    開催日 6月1日(土曜日)
    場所 八幡平山頂レストハウス
    内容 入山者や観光客の安全祈願など

  • 問い合わせ先
    一般社団法人八幡平市観光協会(電話 0195-78-3500)

第28回岩手山焼走りマラソン全国大会の実施について(地域振興課)

岩手山麓の雄大な自然をステージとして、「走りだせ (みのり)と輝(ひかり)の大地から新たな時代へ」を大会テーマに第28回岩手山焼走りマラソン全国大会を開催します。

コースは、岩手山焼走り国際交流村を発着点とする岩手山パノラマラインを使用した折り返しコースとし、標高差は、一般10キロメートルコースで60メートル、その他のコースで15メートルとなります。
また、今大会も、家族が2人1組で走るファミリーコースの設定や、駒澤大学陸上競技部の選手を招待し、大会の一層の盛り上げを図ります。

  • 日時 平成31年7月7日(日曜日)午前9時から
  • 場所 岩手山焼走り国際交流村(八幡平市平笠24-728)
  • 概要
  1. コース区分
    (1)一般10キロメートルコース
    (2)一般5キロメートルコース
    (3)中学生コース(3キロメートル)
    (4)ファミリーコース(2キロメートル)
    ※いずれのコースも折り返しコース
  2. 種目区分及び参加資格
    (1)一般10キロメートルコース(スタート:9時30分) 16~39歳男女、40~59歳男女、60歳以上男女 6区分
    (2)一般5キロメートルコース(スタート:10時30分) 16~39歳男女、40~59歳男女、60歳以上男女 6区分
    (3)中学生コース(スタート:9時40分) 中学生男女 2区分
    (4)ファミリーコース(スタート:11時) 2人1組(家族限定)、年齢、性別を問わない 1区分
  3. 参加申込方法など
    (1)所定の様式による郵便振替またはランテス等のインターネットサイト
    (2)受付期間 4月1日(月曜日)から5月24日(金曜日)まで
    (3)参加定員 なし
  4. 表彰
    各コースとも種目別に6位まで表彰。他に遠来賞、ラッキー賞などのお楽しみ賞を設定。


質疑応答の概要

小林陵侑選手に対する八幡平市スポーツ栄誉賞の授与について

  • Q 改めてシーズンの活躍について所感を
    A 平昌オリンピックの時に応援に行って、これはすごい選手になると感覚的に感じた。それが年が明けて実現したなという感じです。これほど劇的にジャンプというのは変わるものかという思いもあるし、逆に言うとある日突然飛べなくなるということもあり得る。ジャンプというのは大変な競技なんだなと実感としているところです。
  • Q 市民栄誉賞に関しては、まだまだ先に延びるということですか
    A まだまだこれからの人ですから、オリンピックもあるしワールドカップも続くわけですから、これからの活躍を期待して今回はスポーツ栄誉賞ということで表彰しようと思っています。
  • Q 小林陵侑選手は、ゴールデンウィークなどにこちらにお戻りになる予定は
    A 現在、土屋ホームと日程調整をさせていただいておりまして、岩手県入りする予定もあるため、その時に市スポーツ栄誉賞を授与したいと考えており、特にも子供たちが見ている中で授与できればと考えているところです。

八幡平市高齢者先進安全自動車購入費補助事業の実施について

  • Q この補助事業は、市として初めての事業か
    A 市としても初めてだが、県内でも初めてではないかと思います。
  • Q すでに申し込みはあるか
    A まだだと思うが、市内の自動車販売店にはお知らせしております。

(補足説明)
これとは別に免許を返納した人に対するコミュニティバスの割引というのも今年度から始めます。免許を返納した人が1年間、乗車料金が半額になります。

八幡平市介護支援ボランティアポイントモデル事業の実施について

  • Q ボランティア研修を4月22日に行って、実際事業としてスタートするのはいつごろからのイメージか
    A 研修を受けて、ボランティア保険に入って申請すれば活動が開始できるということになります。
      研修は、介護施設の職員が行います。生活支援体制整備事業のコーディネーターを市で委託しており、研修なども受けております。
  • Q これを始めた理由は
    A 議会で提案され、まずはやってみようということでスタートしました。地域での支えあいという形の呼び水になればいいのかなと思います。
  • Q ボランティア活動者は65歳以上ということで、若い人はできないか
    A 平日でも自宅にいらっしゃる方という考えだが、事業をやってみて検証してみたい。

発表項目以外について

  • Q 今年は、ゴールデンウィークが10連休であるが、市役所の対応はどのようになっているか
    A 八幡平市では、開庁はしないことにしております。戸籍関係の届出は、警備の職員で対応します。ただ、5月1日は、婚姻届けが集中してくる可能性があるので、一部の職員を出勤させて対応当たらせたいなと準備をしているところです。
  • Q 10連休の観光キャンペーンで雪の回廊も壁が高いということですが、ゴールデンウィークで期待されるところなどは
    A かなりの人の移動が予測されているようであるが、予測どおり八幡平市に増えるかどうか期待も不安もります。近年では、予約型で観光に来る人ももちろんだが、飛び込みで来る人も増えているそうです。その点で予測がつかない状況です。

問い合わせ先 企画財政課 広報広聴係

電話 0195-74-2111 

【広告】