トップページ  >  市長のページ  >  記者発表  >  八幡平市定例記者懇談会(平成31年2月5日)

八幡平市定例記者懇談会(平成31年2月5日)

発表項目

1 本市出身選手の2018/2019スキー・ワールドカップ出場について(地域振興課)

2018/2019スキー・ワールドカップジャンプ競技に小林陵侑選手と小林潤志郎選手が、ノルディック複合競技に永井秀昭選手が出場し、各大会を転戦しています。
小林陵侑選手は、ジャンプ週間の4戦全勝を含む19戦中10勝で総合トップを維持しており、男子日本人初の総合優勝が期待されます。

1 これまでの競技結果

*ジャンプ

  • 11月17日(土曜日)、ポーランド・ヴィスワ(団体1戦目)日本4位(陵侑、潤志郎出場)
  • 11月18日(日曜日)、ポーランド・ヴィスワ(個人1戦目)陵侑3位、潤志郎19位
  • 11月24日(土曜日)、フィンランド・ルカ(個人2戦目)陵侑優勝1回目、潤志郎17位
  • 11月25日(日曜日)、フィンランド・ルカ(個人3戦目)陵侑優勝2回目、潤志郎18位
  • 12月1日(土曜日)、ロシア・ニジニタギル(個人4戦目)陵侑3位、潤志郎30位
  • 12月2日(日曜日)、ロシア・ニジニタギル(個人5戦目)陵侑優勝3回目、潤志郎19位
  • 12月8日(土曜日)~9 日(日曜日)、ドイツ・ノイシュタット(団体2戦目、個人6戦目)キャンセル
  • 12月15日(土曜日)、スイス・エンゲルベルグ(個人7戦目)陵侑7位、潤志郎22位
  • 12月16日(日曜日)、スイス・エンゲルベルグ(個人8戦目)陵侑優勝4回目、潤志郎20位
  • 12月30日(日曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ(個人9戦目)陵侑優勝5回目、潤志郎50位
  • 1月1日(日曜日)、ドイツ・ガルミッシュ(個人10戦目)陵侑優勝6回目、潤志郎5位
  • 1月4日(金曜日)、オーストリア・インスブルック(個人11戦目)陵侑優勝7回目、潤志郎26位
  • 1月6日(日曜日)、オーストリア・ビショフスホーフェン(個人12戦目)陵侑優勝8回目、潤志郎25位
  • ジャンプ週間(12月30日~1月6日)総合順位:小林陵侑1位、小林潤志郎25位
    ジャンプ週間総合優勝は、船木選手に次ぐ日本人2人目。完全優勝は史上3人目(日本人初)
  • 1月12日(土曜日)、イタリア・ヴァルディフィエンメ(個人13戦目)陵侑優勝9回目、潤志郎21位
  • 1月13日(日曜日)、イタリア・ヴァルディフィエンメ(個人14戦目)陵侑7位、潤志郎28位
  • 1月19日(土曜日)、ポーランド・ザコパネ(団体3戦目)日本5位(陵侑、潤志郎出場)
  • 1月20日(日曜日)、ポーランド・ザコパネ(個人15戦目)陵侑7位、潤志郎37位
  • 1月26日(土曜日)、札幌(個人16戦目)陵侑5位、潤志郎19位
  • 1月27日(日曜日)、札幌(個人17戦目)陵侑3位、潤志郎22位
  • 2月1日(金曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ(個人18戦目)陵侑14位、潤志郎21位
  • 2月2日(土曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ(個人19戦目)陵侑優勝10回目、潤志郎27位
  • 2月3日(日曜日)、ドイツ・オーベルストドルフ(個人20戦目)陵侑9位、潤志郎24位

*ノルディック複合

  • 11月24日(土曜日)、フィンランド・ルカ (個人1戦目)永井秀昭24位
  • 11月25日(日曜日)、フィンランド・ルカ (団体戦目)日本2位(永井秀昭出場)
  • 11月30日(金曜日)、ノルウエー・リレハンメル(個人2戦目)永井秀昭欠場
  • 12月1日(土曜日)、ノルウエー・リレハンメル(個人3戦目)永井秀昭31位
  • 12月2日(日曜日)、ノルウエー・リレハンメル(個人4戦目)永井秀昭34位
  • 12月22日(土曜日)、オーストリア・ラムソウ(個人5戦目)永井秀昭29位
  • 12月23日(日曜日)、オーストリア・ラムソウ(個人6戦目)永井秀昭27位
  • 1月5日(土曜日)、エストニア・オテパ(個人7戦目)永井秀昭34位
  • 1月6日(日曜日)、エストニア・オテパ(個人8戦目)永井秀昭21位
  • 1月11日(金曜日)、イタリア・ヴァルディフィエメ(個人9戦目)永井秀昭30位
  • 1月12日(土曜日)、イタリア・ヴァルディフィエメ(団体スプリント1戦目)日本11位(永井欠場)
  • 1月13日(日曜日)、イタリア・ヴァルディフィエメ(個人10戦目)永井秀昭26位
  • 1月18日(金曜日)、フランス・シャネーヴェ(個人11戦目)永井秀昭11位
  • 1月19日(土曜日)、フランス・シャネーヴェ(個人12戦目)永井秀昭23位
  • 1月20日(日曜日)、フランス・シャネーヴェ(個人13戦目)永井秀昭18位
  • 2月2日(土曜日)、ドイツ・クリンゲンタール(個人14戦目)永井秀昭欠場
  • 2月3日(日曜日)、ドイツ・クリンゲンタール(個人15戦目)永井秀昭欠場

2 今後の競技予定

*ジャンプ

  • 2月9日(土曜日)~10日(日曜日)、フィンランド・ラハティ(団体4戦目、個人21戦目)
  • 2月16日(土曜日)~17日(日曜日)、ドイツ・ヴィリンゲン(個人22戦目・23戦目)
  • 2月22日(金曜日)~3月2日(土曜日)、オーストリア・ゼーフェルト(ノルディック世界選手権)
    (2月23日 男子ラージヒル、2月24日 男子団体、3月1日 男子ノーマルヒル、3月2日 混合団体)
  • 3月9日(土曜日)~10日(日曜日)、ノルウエー・オスロ(団体5戦目、個人24戦目)
  • 3月12日(土曜日)、ノルウエー・リレハンメル(個人25戦目)
  • 3月14日(日曜日)、ノルウエー・トロンハイム(個人26戦目)
  • 3月16日(土曜日)~17日(日曜日)、ノルウエー・ヴィケルスン(団体6戦目、個人27戦目)
  • 3月22日(金曜日)~24日(日曜日)、スロベニア・プラニツァ(団体7戦目、個人28戦目・29戦目)

*ノルディック複合

  • 2月9日(土曜日)~10日(日曜日)、フィンランド・ラハティ (団体スプリント2戦目、個人16戦目)
  • 2月19日(火曜日)~3月3日(日曜日)、オーストリア・ゼーフェルト(ノルディック世界選手権)
    (2月22日 個人ラージヒル、2月24日 団体ラージヒル、2月28日 個人ノーマルヒル、3月2日 団体ノーマルヒル)
  • 3月9日(土曜日)、ノルウエー・オスロ(個人17戦目)
  • 3月16日(土曜日)~17日(日曜日)、ドイツ・ショナッハ(個人18戦目・19戦目)

3 懸垂幕掲示について

 小林陵侑選手の優勝回数と、ジャンプ週間の完全優勝を祝う市役所本庁舎窓に掲示しています。
 個人総合優勝を達成した場合、市役所本庁舎など4か所に懸垂幕・横断幕を掲示する予定です。

参考資料:過去のワールドカップジャンプにおける日本男子選手の成績

  • 総合成績 船木和喜:2位(1996~1997)、3位(1997~1998)  葛西紀明:3位(1992~1993、1998~1999)
  • 年間勝利 小林陵侑:10勝(2月5日現在)、葛西紀明:6勝
  • 通算勝利 葛西紀明:17勝、船木和喜:15勝、小林陵侑:10勝、原田雅彦:9勝
  • ジャンプ週間総合優勝 船木和喜(1997~1998、3勝)、小林陵侑(2018~2019、4戦全勝)
4 応援イベントの開催について(パブリックビューイングではありません)

 スポーツ専門テレビ局「JSPORTS」との共催により、応援イベントを開催する予定です。

  • 日時・場所:3月24日(日曜日)午後5時50分から9時まで、市役所多目的ホール棟大ホール
  • 内容:「JSPORTS」アナウンサーや解説者とともに、最終戦をスクリーンで生観戦
  • 留意事項:報道機関による取材は可能ですが、試合映像の画面を写真や映像で撮影できません。

2 八幡平市医師養成修学資金貸付修学生の募集について(健康福祉課)

将来、国民健康保険西根病院並びに安代診療所及び田山診療所において、医師として地域医療に従事することを希望する方に対して、修学資金を貸し付け、修学の支援をするとともに、当市の医療の担い手としての医師確保を図ることを目的に、医師養成修学資金貸付修学生の募集を行います。

  1. 貸付対象者(下記(1)~(3)を全て満たす方に限ります。)
    (1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学の医学部に入学(在学)する方
    (2) 当市で医師として従事するときに、制約を受ける同種の資金を利用していない方
    (3) 連帯保証人を2人立てられる方
  2. 募集人数
    2人
  3. 貸付額(金額は固定とし、金額未満の貸付けは行いません。)
    (1) 入学一時金900万円(大学1年次入学者のみ)
    (2) 月額貸付金30万円
  4. 貸付期間
    入学一時金は、貸し付け決定後、速やかに貸し付けます。
    月額貸付金は、貸し付けを開始した月から大学を卒業するまでの間における正規の修学年限を超えない期間(最長6年間)において、毎月貸し付けます。
  5. 選考方法
    書類審査及び面接を行います。
  6. 償還免除
    大学を卒業後2年以内に医師免許を取得し、医師法(昭和23年法律第201号)に規定する臨床研修終了後、入学一時金の貸し付けを受けた場合は3年間、月額貸付金の貸し付けを受けた場合は貸し付けを受けた期間(この期間に1年未満の端数があるときは、これを1年とします。)、西根病院、安代診療所、田山診療所のいずれかで医師として従事した場合、貸し付けを受けた修学資金を免除します。
  7. 募集期間
    平成31年2月7日(木曜日)から平成31年3月22日(金曜日)まで
  8. 申請方法
    申請書等必要書類については、下記担当までお問い合わせください。

3 八幡平市看護師養成修学資金貸付修学生の募集について(健康福祉課)

将来、八幡平市内の医療施設で看護師として就業しようとする方に対して、修学資金を貸し付け、修学の支援をするとともに、市内医療施設の看護師確保を目的に看護師養成修学資金貸付修学生の募集を行います。

  1. 貸付対象者(下記(1)~(3)を全て満たす方に限ります。)
    (1) 看護学校等に入学(在学)する方
    (2) 当市で看護師として就業するときに、制約を受ける同種の資金を利用していない方
    (3) 連帯保証人を2人立てられる方
  2. 募集人数
    2人
  3. 貸付額
    月額8万円を限度とし、1万円単位で希望金額を貸し付けます。
  4. 貸付期間
    貸付けを開始した月から看護学校等を卒業する月までの間における正規の修学年限を超えない期間において、毎月貸し付けます。
  5. 選考方法
    書類審査及び面接を行います。
  6. 償還免除
    看護学校等を卒業後1年以内に看護師免許を取得し、八幡平市内に居住のうえ、八幡平市内医療施設等で看護師として、5年間継続して業務に従事した場合、貸付けを受けた修学資金を免除します。
  7. 募集期間
    平成31年2月7日(木曜日)から平成31年3月22日(金曜日)まで
  8. 申請方法
    申請書等必要書類については、下記担当までお問い合わせください。

4 もっと八幡平の魅力を知ってほしい!「魅(ミ)ステリーツアー vol.4」を開催(企画財政課)

市では、本市ふるさと納税と本市に更なる興味を持っていただくため、寄附者を対象にした現地体験ツアーを実施しています。
本年度最終回となる第4回目では、八幡平暮らしには欠かせない「雪かき」と、今だけ!ここだけ!のスノーアクティビティを通して、八幡平の冬の魅力を紹介します。
ツアーは、返礼品の紹介や生産者との交流、観光や産業、食などの魅力体験を通して、継続した寄附の促進と観光振興、交流人口の増加を図ります。

  1. 日時
    平成31年2月7日(木曜日)、8日(金曜日)
  2. 行程(予定)
    1日目 午前10時半  参加者集合(JR盛岡駅)
        午後5時半   交流会
    2日目  午前9時40分 ドリームプロジェクト八幡平事務所(旧JA新いわて田頭支所内)
        午後4時    参加者解散(JR盛岡駅)
  3. 主催
    (1)企画 八幡平市(電話 0195-74-2111)
    (2)運営 一般社団法人ドリームプロジェクト(電話 050-5306-1966)
    (3)特別協力 株式会社びゅうトラベルサービス びゅうプラザ盛岡駅(電話 019-622-2399)

5 平成31年八幡平市議会第1回定例会について(総務課)

八幡平市議会第1回定例会を招集します。
本定例会では、平成31年度一般会計・特別会計各予算案などを付議する予定です(詳細は、現在調整中)。

  1. 市議会第1回定例会会期日程
    2月21日(木曜日)~3月18日(月曜日)の予定
    詳細は、2月14日(木曜日)開催の議会運営委員会で決定
  2. 市議会第1回定例会付議事件の内容
    現在調整中(2月6日確定予定)

6 八幡平市教育振興運動推進大会の実施について(教育総務課)

教育振興運動を推進する五者が一堂に会し、市の教育振興運動について共通理解を深め、運動の一層の充実を図るために標記大会を開催いたします。
二つの実践区及び寄木小学校のコミュニティスクールの取り組み発表、「三行詩」の入選作品の表彰、八幡平市教育委員会児童生徒表彰を行います。
「三行詩」の会長賞、金賞受賞者は作品を朗読する予定です。

  1. 主催  八幡平市教育振興運動推進協議会、八幡平市
  2. 日時  平成31年2月23日(土曜日) 午前8時50分~正午
  3. 会場  八幡平市松尾コミュニティセンター
  4. 内容
    (1)三行詩表彰
     市教育振興運動推進協議会長賞 1作品
     金賞(小学生低・高学年、中学生、高校生、一般)全5作品
     銀賞(小学生低・高学年、中学生、高校生、一般)全15作品
     ※ 上記までが、当日の表彰出席
     銅賞(小学生低・高学年、中学生、高校生、一般)全23作品
    (2) 児童生徒表彰
     個人  15名
      団体  4団体
    (3) 講演会
     演題「情報メディアとの上手な付き合い方」
     講師 盛岡市教育委員会 教育相談員 中村 雅英 氏
    (4) 詳細 教育振興運動推進大会開催要項 (ワード形式 17KB)を参照してください。 

7 その他
  
・いわてS-1スイーツフェア2019の開催について(商工観光課)
 詳細 県のウェブサイト(新しいウィンドウで開きます)を参照願います。


質疑応答の概要 (ただいま準備しております)

1 本市出身選手のスキー・ワールドカップ出場について(地域振興課)

Q 小林陵侑選手の活躍に市の表彰とかは考えていますか
 オリンピックの際は報奨金で対応しました。今後、オリンピックでの優勝等まだまだ伸びる可能性があるので、(期待を込めて)今は「名誉市民」よりも報奨金等の方がいいのではないかと考えます。ただ、県が「県民栄誉賞」を与えた場合は、当市も考えなければとも思います。また、県が陵侑選手の健闘を称える気持ちがあるのであれば、ジャンプ台の改修も検討していただきたいし、小林陵侑選手も喜ぶんじゃないでしょうか。

Q 小林陵侑選手の活躍について、市内での盛り上がりはどうか
 関係者は盛り上がっています。テレビ中継がないせいか、大きな盛り上がりはまだ聞こえてきませんが、高齢者の集まりで陵侑選手の話をすると、うなづいているので、関心はあるし認知もされていると思います。
 今後、女子の高梨沙羅選手が優勝すれば相乗効果があるかもしれません。
 世界選手権の混合団体で優勝すれば盛り上がるでしょうね

Q オリンピック後には表敬訪問されたようですが、同様の訪問があるとすれば、市長はどのような言葉を掛けますか
 よく頑張ったなと言いたい。また、きっかけは何だったのかを聞いてみたいと思います。(自分としては)オリンピックで7位に入賞したことで世界の強豪と戦えるという自信になったのではないかと思っています。

Q 表敬訪問の予定はありますか
 まだないです。オリンピック後はゴールデンウィークの頃でしたから、あるとすればそれ以降になると思います。

2 八幡平市医師養成修学資金貸付修学生の募集について(健康福祉課)

(補足説明)
 市は昨年度、貸付額を大幅に増額しております。現在2名に貸し付けているところです。

Q 効果は期待できそうですか
 国保連でも同様の貸付事業に取り組んでいます。また、若い時期は、高度な医療に携わり技術を磨きたいという思いがあるようです。
 この制度については、50歳なり55歳でふるさとに戻って義務履行していただくことも検討しましたが、その人の将来を拘束することになるのではないかという考えもありましたのでどうしたらいいか結論には至っておりません。今後の制度の在り方については、西根病院事業管理者の実際の経験など、意見をいただきながら検討をしていかなければならないと思っています。
 様々な会議で、医療関係者から同様の意見は出ていますので、県の医療局や医大などでそのような医師のシステムを作っていただければいいのではないかとも考えます。

3 八幡平市看護師養成修学資金貸付修学生の募集について(健康福祉課)

(補足説明)
 現在、6名に貸し付けており、市内の医療機関で2名が義務履行中です。

Q 一定の効果が出てきているということなのでしょうか
 2名が市内の病院に勤務していますが、市立の病院にも勤務してくれる人が出てきてくれることを期待しています。
  また、看護師の資格を取得しても、保健師、助産師を目指したい人や医師と同様に若いうちは高度な技術を身に付けるために10年くらいは大きな病院で働きたいという人もいるようなので、要綱の改正についても今後の課題となります。 

4 もっと八幡平の魅力を知ってほしい!「魅(ミ)ステリーツアー vol.4」を開催(企画財政課)

(補足説明)
 今年度最後のツアーです。現時点で10名の参加申し込みがあり、うち1名が11歳のお子さんとなります。今回は、臨時列車ではなくバスでの移動となります。

発表項目以外について

Q DMOの設立による具体的な成果又はPRに力を入れていることは
 (目に見えるような)具体的な成果はまだないが、これまでにないような調査をして人の流れのデータ等を提出してもらっているところです。
 DMOは、(それぞれの事業者が)自分たちで稼いでやりくりしていくことが最終的な目標なので、来年度は、担当課、観光協会など関係者と協議をしながら、目標に到達するためにやるべきこと、やらなくてもいいことを選択する年度だと考えます。

Q DMOの設立により人の入りがいいとかインバウンドの風が吹いているとかありますか
 確かに人の入りは良いようです。特にスキー関係は、安比に限らず増えているようですが、DMOの効果ではないようです。

Q 新たに、職員として国際交流委員を配置しましたが、彼の活躍は
 翻訳業務に頑張っていただいています。今後も大きな翻訳に取り組んでもらう予定があります。
 
 市の観光については、安比エリアは観光と営業力、対応力で自己解決できると思っています。焼走りから東八幡平温泉郷、松川温泉などのエリアが、DMOの稼ぎ所でもあり、振興させることが市の役割でもあることを念頭に置き政策展開をしていきたいと思っています。

問い合わせ先 企画財政課 広報広聴係

電話 0195-74-2111 

【広告】