トップページ  >  総合サービス  >  生涯学習・スポーツ・市民活動  >  スポーツ  >  スキー  >  スキージャンプ・W杯で小林陵侑選手が日本人初の個人総合優勝!

スキージャンプ・W杯で小林陵侑選手が日本人初の個人総合優勝!

スキージャンプ・W杯個人総合優勝

3月10日にノルウェーのオスロで行われたスキージャンプ・ワールドカップ男子個人戦で、今季総合首位の小林陵侑選手(土屋ホーム、八幡平市・松尾中出身)が5位に入賞し、今季総合2位のカミル・ストッフ選手(ポーランド)に500点差となりました。

1試合の優勝ポイントは100点であることから、仮に残る5戦をストッフ選手が全勝し、陵侑選手が無得点になったとしても、優勝回数で陵侑選手が上回ることから、日本人初の個人総合優勝が決まりました。おめでとうございます!

これまでのスキージャンプ・ワールドカップ男子の成績は、1997-1998年シーズンの船木和喜選手(現FITSki所属)が残した個人総合2位が最高で、小林選手の個人総合優勝は、スキージャンプ日本男子初の快挙であるとともに、ヨーロッパ選手以外でも初の快挙です!

今後のさらなる活躍も期待しています!

今後の大会日程

今シーズンの大会日程は次のとおりです。

  • 3月12日(火曜日)、ノルウェーのリレハンメル(個人戦)=陵侑選手3位、潤志郎選手6位
  • 3月14日(木曜日)、ノルウェーのトロンハイム(個人戦)
  • 3月16日(土曜日)から17日(日曜日)まで、ノルウェーのヴィケルスン(団体戦、個人戦)
  • 3月22日(金曜日)から24日(日曜日)まで、スロベニアのプラニツァ(団体戦、個人戦)

最終戦に応援イベント開催

なお、3月24日(日曜日)午後5時50分から、八幡平市市役所多目的ホール棟大ホールで、小林陵侑選手、潤志郎選手の応援イベントを予定しています。

入場無料。今季最終戦における八幡平市出身の両選手を、みんなで応援しましょう!

詳しくは、岩手日報公式サイト(新しいウインドウで開きます)の関連記事をご覧ください。

問い合わせ先 地域振興課 スポーツ推進係

電話 0195-74-2111 

【広告】