トップページ  >  総合サービス  >  暮らし  >  上水道  >  県水道事業広域連携検討会盛岡ブロック検討会の検討状況(報告書)を公表

県水道事業広域連携検討会盛岡ブロック検討会の検討状況(報告書)を公表

 水道事業は、安全で安心な水道水を安定的に供給することを使命とし、住民の日常生活に欠かすことのできない重要なサービスを提供する役割を果たしています。
 しかし、近年においては、管路をはじめとする水道施設の老朽化、耐震性の不足、職員の確保及び人口減少による料金収入の減といった様々な課題に直面しており、生活に密着した重要なインフラである水道の持続性を高める取組が喫緊の課題となっています。
 この課題に対応するため、現在、各水道事業体において、中長期的な経営計画である経営戦略を策定して経営基盤の強化に取り組んでいるほか、県を中心とした「岩手県水道事業広域連携検討会盛岡ブロック検討会」において、八幡平市を含む6市町(盛岡広域ブロック)で情報提供や課題の共有を行っています。
 盛岡広域ブロックの課題は、全国的な課題とも共通点が多いことから、数多く公表されている他都市の事例を整理し、盛岡広域ブロックにおける可能性等について探りました。
 本検討会で共有された課題を踏まえて、国及び県の通知(下記)に基づき、平成30年度における検討状況及び内容を公表するものです。

国の通知
 総務省及び厚生労働省は、平成28年2月と3月に、「市町村等の水道事業の広域連携に関する検討体制の構築等について」と「水道事業の広域連携の推進について」の通知を発出し、検討体制を設置することや平成30年度までを目途に検討結果を公表することなどについて示しています。

県の通知
 国の通知を受けて、岩手県は平成28年度に検討体制の設置等の対応を行い、平成29年1月23日付けで各市町村長あて「岩手県水道事業広域連携検討会の設置について」通知し、県内5ブロックに協議会を設置して検討することを周知しています。

盛岡広域ブロック構成市町

 盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、岩手町、矢巾町の6市町

報告書概要版

報告書概要版(PDF形式 272KB)

報告書

報告書(PDF形式 1.54MB)

問い合わせ先 上下水道課 経理係

電話 0195-74-2111 

【広告】