登る・歩く

岩手山エリア

標高2,038メートル、日本百名山の一つ岩手山は、別名「南部富士」と呼ばれています。なだらかな稜線を描く東側に対し、西側は荒々しい岩稜の山並み。焼き走り熔岩流のダイナミックな景観は見ごたえ十分。ブナ、アオモリトドマツなどの自然林、山稜部に自生する高山植物、山の中腹から上部に広がる湿原や湖沼に生える水生生物など、岩手山特有の植物が観察できます。

平笠不動避難小屋 ひらがさふどうひなんごや

平笠不動避難小屋
岩手山登山の焼走りコース、8合目の平笠不動付近の避難小屋です。トイレ有り。
DATA





【広告】
前のページに戻る