トップページ  >  くらしのメニュー  >  就職・転職  >  新規就農者の支援事業を実施します

新規就農者の支援事業を実施します

画像

平成26年度から新規品目を追加

 八幡平市では、平成22年度から新規就農者を支援する「八幡平市新規就農者等支援事業」を創設し、支援を行っておりますが、
平成26年度より新たに「トマト(ミニトマトを含む)、ピーマン、きゅうり」の3品目についても支援することとし、事業を拡大いたしました。
 引き続き、農業に意欲のある方の申し込みをお待ちしています。

八幡平市新規就農者等支援事業の詳細

事業主体

 八幡平市

対象者

(1)独身者は概ね30才以下の者、既婚者は概ね45歳以下の方。
(2)新規就農体験者研修事業以外は、就農時(研修開始時)に市内に居住していただきます。
(3)新規就農者支援事業及び後継者就農研修支援事業については、実施計画書を提出し市長が認定した方で市内に就農することが確実な方。

受入人数等

(1)若干名
(2)各支援事業の認定に当り、市新規就農支援チ−ムによる書類審査及び面接を行います。

栽培作物

 市が指定する重点推進作物の「ほうれんそう、りんどう、トマト(ミニトマトを含む)、ピーマン、きゅうり」を選定していただきます。

支援内容

(1)新規就農者支援金
新規就農において、市内の研修受入農家での研修期間(必須。1年間を限度とする)を含む3年間について生活費を支援します。
(2)後継者就農研修支援金
親元就農において、自家以外の市内の研修受入農家で研修(1年間を限度とする)を行う期間について、生活費を支援します。

(1)新規就農者支援金及び(2)後継者就農研修支援金の支給金額
区分単位金額
基本額 独身者 月額 100,000円
夫婦 月額 130,000円
加算額 配偶者を除く扶養者1人に付き 月額 20,000円
家賃の助成 市内の借家住まいの場合は月額2万円を上限とし、家賃の2分の1を助成

(3)新規就農体験者研修支援金
上記(1)、(2)以外の者で市外から市内の研修受入農家で研修を行う場合、旅費及び家賃助成をします。
旅費:研修1回につき1キロメートルあたり37円を助成します。
家賃:市内の借家住まいの場合に月額2万円を上限とし、家賃の2分の1を助成します。

(4)研修受入農家支援金
新規就農者の研修を受け入れる農家に、月額5万円助成をします。

その他

 各支援事業は、(社)岩手県農業公社等と連携し実施します。なお、(社)岩手県農業公社等から同内容の支援を受ける際には減額する場合があります。
  また、青年就農給付金(経営開始型)を受給している際も同様に減額する場合があります。 

問い合わせ先:八幡平市農業振興支援センター
電話0195-74-2111 FAX0195-74-2102

【広告】