トップページ  >  市長のページ  >  記者発表  >  八幡平市定例記者懇談会(平成29年8月9日)

八幡平市定例記者懇談会(平成29年8月9日)

発表項目

1 フリーランスのお試し居住「さすらいワークin八幡平」の開始について(企画財政課)

 市では、フリーランス(仕事をもって移動できる個人)に移住体験を提供する「さすらいワークin八幡平」を開始しています。
 「さすらいワークin八幡平」は、地域での「暮らす」「働く」「地域と関わる」体験を提供し、旅行とは味わえない地域での暮らし方と働き方を体験できる新たな機会を創出し、移住検討者の移動を促進するものです。
 参加者は長期滞在を交通費、食事代と地域の農家や酪農での農業等体験料(1万円)の負担で、何泊でもお試し居住を体験できます。

1. 内容
  インターネット環境を備えたリゾートマンションに滞在し、フリーランスが仕事をできる場を提供します。滞在期間中は地域の農作業(軽作業)等を体験することで、市が借り上げているリゾートマンションに何泊でも宿泊できます。長期滞在することで、通常の旅行では知ることができない本市の魅力を体験してもらうものです。

2. 期間   平成29年8月~11月まで

3. 応募方法 インターネットサイト「LOHAI」から申し込みます。

4. 受入予定
  まだ決定しておりませんので、今年度第1回目の受け入れが決まり次第情報提供いたします。

5. その他  インターネットサイトをご参照ください。
   LOHAI
(新しいウィンドウで開きます)

2 八幡平ふるさと花火まつりの実施について(商工観光課)

 八幡平市観光イベント実行委員会が主催する市の4大観光イベントの一つ「八幡平ふるさと花火まつり」を開催いたします。
 八幡平市の夏を彩る花火まつりを通じて、市民一人ひとりの八幡平市への郷土愛と地域の連帯意識の向上を図ることを目的としています。
 花火まつりでは、太鼓演奏や飲食屋台など数多くの出店が予定されています。


1. 期日
  平成29年8月15日(火曜日)午後5時から8時半まで(雨天時は16日)

2. 会場
  八幡平市松尾総合運動公園

3. 主催者
  八幡平市観光イベント実行委員会

4. 開催内容
  午後5時     開場
  午後6時半から  オープニング(松川一の宮太鼓)、盆踊り、さんさ踊り
  午後7時半から  打ち上げ花火

5. その他
 ・ ふるさと花火まつりでは、趣向を凝らした大輪の花火が、約1時間にわたり夏の夜空を彩る。開催日がお盆の時期であり、郷土から遠く離れて生活する人達が里帰りする時期でもあるため、ふるさとで夏の風物詩である夏まつりを楽しみ、ふるさとの良さを体感・再認識してもらうことを目的とする。
 ・ 当日は会場周辺の交通規制を実施(別紙チラシ参照)。車両の円滑な運行と歩行者の安全を考慮した交通整理を行う。
 ・ 安代地区送迎バスを運行する。別紙チラシの運行表を確認の上、ご利用いただきたい。
    ふるさと花火まつりチラシ (PDF形式 635KB)

6. 問合せ先

  八幡平市観光イベント実行委員会事務局(八幡平市観光協会)
  電話 0195-78-3500

3 平成29年八幡平市議会第3回定例会付議事件(予定)について(総務課)

 八幡平市議会第3回定例会を招集します。
 本定例会では、報告1件、議案24件を付議する予定です。

1. 市議会第3回定例会会期日程
  8月23日(水曜日)午前10時開会予定
  9月8日(金曜日)最終日

2. 市議会第3回定例会付議事件の内容(予定)
  別紙、一覧表のとおり  市議会第3回定例会付議事件一覧 (PDF形式 45KB) 
  (市議会招集告示前ですので、個別の議案名等を記事にすることは8月16日(木曜日)までは控えていただきますようお願いします。)

4 懲戒処分の公表について(総務課)

 地方公務員法第29条及び八幡平市職員の懲戒処分に関する指針の規定に基づき、下記のとおり懲戒処分を行ったので、公表します。

1. 被処分者  40代主任級男性職員

2. 処分の理由及び処分の内容
  被処分者は、平成29年6月7日午前7時50分ごろ、通勤のため八幡平市荒屋新町33番地の国道282号を私用車で運転中、脇見運転をして安全運転義務を怠り、右折待ちのため停車していた相手車両に追突し、相手方に両肩甲部挫傷等全治2週間の傷害を負わせる人身事故を発生させました。
このことは、地方公務員法第29条第1項第1号の規定及び八幡平市職員の懲戒処分に関する指針第2条の規定(別表の「4 飲酒運転・交通事故関係」の「飲酒運転以外での交通事故(人身事故を伴うもの)」)に該当するので、懲戒処分として戒告としました。

3. 処分発令日 平成29年7月18日

5 平成29年度八幡平市敬老会の開催について(健康福祉課)

 永年にわたり社会に貢献してきた高齢者を敬愛し、長寿を祝うとともに、広く市民が高齢者福祉についての関心と理解を深めることの契機となるよう敬老会を開催します。
 八幡平市内の11地区で75歳以上の方を招待し、式典と祝賀会を行います。

1. 期日及び会場
(1)平成29年9月3日(日曜日)
  細野地区  午前10時半開会 細野コミセン
  畑地区   午前10時半開会 畑コミセン
  五日市地区 午前10時半開会 五日市コミセン
  浅沢地区  午前10時半開会 浅沢コミセン

(2)平成29年9月4日(月曜日)
  松尾地区  午前10時半開会 八幡平ロイヤルホテル

(3)平成29年9月5日(火曜日)
  大更地区 午前10時半開会 八幡平ロイヤルホテル
  荒屋地区 午前10時半開会 新安比温泉静流閣

(4)平成29年9月6日(水曜日)
  田頭地区 午前10時半開会 八幡平ロイヤルホテル
  田山地区 午前10時半開会 新安比温泉静流閣

(5)平成29年9月7日(木曜日)
  平舘地区 午前10時半開会 八幡平ロイヤルホテル

(6)平成29年9月8日(金曜日)
  寺田地区 午前10時半開会 八幡平ロイヤルホテル

2. 主催  八幡平市、八幡平市社会福祉協議会、各地区社会福祉推進協議会

3. 協力機関  地域振興協議会、民生児童委員協議会等

4. 対象者  八幡平市に居住する平成29年度内に75歳以上となる人

5. 概要
(1) 各会場において、それぞれ敬老会記念式典及び祝賀会を行う。

(2) 対象者全員に記念品(タオル)を贈呈する。

(3) 下記の対象者に特別記念品を贈呈する。
 ・ 77歳(対象393人=八幡平市共通商品券(2,000円分)、粗品(「健康の心得」手拭い)
 ・ 89歳(対象189人=紫薫(しくん)まくら)
  「紫薫まくら」は、県立平舘高校家庭クラブの生徒が、お年寄りへの感 謝と長寿への願いを込め手縫いで仕上げたもの。同校の敬老会での枕プレゼントは今年で54回目となる。

(4) 祝賀会では、各地区の保育所や小中学校、婦人会等がアトラクションを披露し、参加者の長寿を祝う。
 

6. 資料

地区名 会場 対象者数
男性 女性
西根 大更 八幡平ロイヤルホテル 480 802 1282
田頭 八幡平ロイヤルホテル 263

465

728
平舘 八幡平ロイヤルホテル 221 384 605
寺田 八幡平ロイヤルホテル 187 327 514
小計 1151 1978 3129
松尾 全域 八幡平ロイヤルホテル 468 824 1292
安代 荒屋 新安比温泉静流閣 132 217 349
田山 新安比温泉静流閣 192 339 531
細野 細野コミセン 28 46 74
畑コミセン 68 111 179
五日市 五日市コミセン 69 125 194
浅沢 浅沢コミセン 54 100 154
小計 543 100 154
合計 2162 3740 5902

6 その他

・ 成人式の記念講演

  成人式パンフレット(PDF形式 249KB)

・ 八幡平大集合フェスタ

  はちまんたい大集合フェスタ(チラシ)(PDF形式 680KB)


質疑応答の概要

1 フリーランスのお試し居住「さすらいワークin八幡平」の開始について

  •  去年、今年の取り組みについて
    A フリーランス(ライターやWebデザイナーなど仕事を持って移動できる人)にターゲットを絞って、市内にお試し居住体験をしてもらうという事業です。
     昨年度は、11月から2月までの期間で10人の実績があります。今年は、8月から11月を期間として反応を見ていきます。
     ただ宿泊をするだけであれば観光と変わりないので、農家体験をとおして地元の方とふれあってもらうという行程にしています。
  •  「LOHAI」というサイトは
    A 市はポータルサイトで仕事を提供しているランサーズ株式会社にこの事業の委託をしており、ランサーズのサイトに登録している人の中で、田舎暮らしに興味があるフリーランスをターゲットとした「LOHAI」サイトで、複数自治体の「さすらいワーク」のお試し居住を紹介、募集をしています。
     昨年度のお試し居住者の一部には、ランサーズの仕事として(「LOHAI」サイトに)体験記事を書く事を条件に旅費の一部助成を受けての参加者もいた。ランサーズは仕事を提供するという事業と当市が求めるフリーランスのお試し居住ということでお互いが合致した事業となっているともいえます。
     フリーランスでランサーズを利用して仕事を受注している人70万人ほどいます。
  •  農業体験の1万円の内訳は
    A 体験料や昼食代等になります。
  •  滞在用の宿泊費は
    A 市で借り上げて別の事業(スパルタキャンプ)でも利用している安比にあるリゾートマンションで空いている日を活用して宿泊してもらうことから、何日滞在しても宿泊料の自己負担はなしとなります。
  •  今年の目標は
    A 前年度(10人)の倍(20人)くらいは受け入れたいです。
     昨年同様に、記事を書いていただくことによって、地方での仕事を検討している人たちにアプローチしてもらい、行政からの紹介では伝わらない実際の体験による記事を参考にしてもらうというのが大きな柱になっています。
  •  昨年の体験者で移住を検討している方とかリピーターは
    A 移住者はまだありません。現在、体験記事を書いてもらうこと人を募集しており、その人を絞り込んだうえで一般募集をすることで検討しており、願わくばリピーターで来てもらえればと思っています。
     参加者には、当市はシェアオフィス(西根総合支所3階)もありますので、起業を考えている人には紹介するなど、商工観光課と連携しながら進めていきます。
  •  参加者で実際にシェアオフィスを利用している方は
    A 今のところはまだいません。

2 八幡平ふるさと花火まつりの実施について

  •  何人くらいの来客者がありますか
    A 例年8,000人前後です。

3 八幡平市議会第3回定例会付議事件(予定)について

  • Q 告示日はいつですか
    A 8月16日になります。

4 懲戒処分の公表について

  •  6月7日は平日ですが、通勤途中ですか
    A そうです。

6 その他

・ 成人式の記念講演
  • Q 成人式で、例えば模擬投票などをする予定は
    A 予定はありません。投票権も18歳以上になりましたので、今年18歳になる人(254人)には暑中見舞いのはがきを出す予定です。

問い合わせ先 企画財政課 広報広聴係
電話 0195-74-2111 内線 1201

【広告】