トップページ  >  市長のページ  >  記者発表  >  八幡平市定例記者懇談会(平成28年9月5日)

八幡平市定例記者懇談会(平成28年9月5日)

発表項目

1 八幡平市生涯学習推進大会「講演会」の開催について(地域振興課)

  市民一人一人が学びを通して、豊かな人間性と創造性を育み、広く生涯学習の普及、奨励に努めるために生涯学習推進大会を開催する。
  優れた講師による講演を、より多くの方々から聴講いただくために、八幡平市PTA連絡協議会の研修会と合同で開催する。

1. 主 催  八幡平市生涯学習推進本部 八幡平市 

2. 共 催  八幡平市PTA連絡協議会

3. 日 時  平成28年9月24日(土曜日) 

4. 時 間  開場 午後2時  講演 午後2時30分~午後4時
         ※ 午後1時50分までは、八幡平市PTA連絡協議会研修会

5. 場 所  松尾コミュニティセンター

6. 講 師  玉川大学大学院 教授 近藤 昭一 氏

7. 演 題  「情報メディアとの上手な付き合い方― 学校・家庭・地域の役割 ―」

※ 別紙  「講演会」チラシ 参照

2 ゼロからなれる!動画職人(クリエイター)ワークショップの実施について(商工観光課)

  ICT時代における地域発のプロモーションモデルを新たに構築することを目的として、地域のネット動画クリエイターを養成するワークショップを行います。地域に眠る資源を掘り起こし、プロモーション活動を自発的・自律的に行うことができる人材を育成するため、テーマの企画から撮影・編集といったテクニックなど、ネット動画クリエイターとしてのノウハウを基礎から学ぶことができます。
  本事業は、地域総合整備財団(ふるさと財団)の新・地域再生マネージャー事業による助成を受けて行っています。

1. 主  催   八幡平市

2. 日時場所  第1回 平成28年9月24日(土曜日)午後1時半から
               平成28年9月25日(日曜日)午前10時から
          第2回 平成28年10月
          第3回 平成28年11月

          ※いずれも八幡平市商工会

3. 参加費用  無料

4. 定  員   10人(応募多数の場合は選考)

5. 応募条件  ①八幡平市内に居住または就労している(予定でも可)
          ②PCやスマートフォンを日常的に使用し、スムーズに操作ができる
          ③Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSを日常的に利用している
           ④スマートフォンやPCなど動画の撮影・編集が可能な機材を準備できる
          ⑤ワークショップ後にも動画を継続的に作成・公開する意思がある

6. 活動内容  ①ワークショップ全3回
          ②各自設定したテーマに基づく動画を製作・公開(週1本以上を目標)

7. 応募方法  公式サイト(http://www.zero-cre.com)から申し込み

8. 応募締切  9月16日(金曜日)午後5時
          ※締め切り後にメールにて当落のご案内をします

3 EUでの鉢物リンドウ栽培のライセンス契約調印式について(花き研究開発センター)

  八幡平市は、平成11年(1999年)に鉢物リンドウ「メルヘンアシロ」と「シャインブルーアシロ」を国内品種登録し、平成17年 (2005)には同品種をEUでも品種登録して、八幡平市リンドウの国内外におけるブランド化を進めていたが、このたびEUにおいて初めてのライセンス契約調印式を実施する運びとなったもの。

1. 日時  平成28年9月29日(木曜日)午後2時

2. 場所  八幡平市役所3階大会議室

3. ライセンス契約関係者
  ・ライセンサー
   八幡平市(育成者権者であり栽培に関する許可権を有す者)
  ・ライセンシー(EUにおけるライセンスを許諾される者)
   Green Harvest Pacific Ltd (グリーンハーベストパシフィック(有))
    これまでニュージーランドとチリでの契約栽培のライセンシーとして活動してきた実績から,EUでもライセンシーをお願いすることにした。今回社長であるLyall Fieldes(ライアル・フィールズ)氏が出席予定。
  ・サブライセンシー(ライセンシーから指名されてEU内でライセンスを許諾される者)
    Mercurius B.V. (マーキュリアス(有))
     EU内での試験栽培と商用生産を実施するためにライセンシーにより指名されたEU内の会社。今回社長のRon Hoogeveen(ロン・フーゲベン)氏が出席予定。

4. これまでの経過
   平成26年10月にJA新いわて八幡平市花き生産部会より「EUで登録した鉢物リンドウの登録期限が切れる前にEUでの栽培を許諾して有効活用してはどうか」との提案を受けた。日本で八幡平市リンドウを許諾している一般社団法人安代リンドウ開発と検討し、早急にEUでのライセンス契約を結ぶことになり、ニュージーランドのGreen Harvest Pasific Ltd にお願いしてEUにおけるサブライセンシーを見つける交渉をしてきた。平成28年3月にMercurius B.V.をサブライセンシーとする内容の契約案を作成し、このたび調印式を開催することになった。   

4 八幡平市国体サポーターズ団結式の開催について(国体推進室)

  希望郷いわて国体本大会の開催に向けて機運醸成を図るため、八幡平市国体サポーターズ登録者に対し、団結式を開催します。

1. 期 日   平成28年9月10日(土曜日)午前10時から正午まで
         ※受付は午前9時から午前9時50分まで

2. 場 所   八幡平市総合運動公園体育館  

3. 参加者   八幡平市国体サポーターズ登録者のうち、学生を除く300人程度を予定

4. 特記事項  IBCテレビアナウンサー「照井 健」氏による講演を行います。
           「希望郷いわて国体成功に向けた記念講演」

※ 別紙  サポーターズ団結式要項 参照

5 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体本大会」の開催について(国体推進室)

  6年ぶりに岩手県での開催となる第71回国民体育大会「希望郷いわて国体本大会」がいよいよ開幕します。
  八幡平市では、正式競技5競技、デモンストレーションスポーツ1競技を実施します。

1. 会期   平成28年10月1日(土曜日)から11日(火曜日)まで

2. 八幡平市開催競技日程等
   

※  別紙 競技日程詳細 参照

6 ビームライフル体験教室の開催について(国体推進室)

  希望郷いわて国体の正式種目であり、八幡平市開催競技であるライフル射撃競技の競技人口の拡大等を目的にビームライフルの体験教室を開催します。

1. 期   日   平成28年10月3日(月曜日)午後4時受付

2. 会   場   八幡平市立田山小学校体育館

3. 参加資格   小学校3年生以上の者で次の4部門により行う。
  ①小学校低学年の部(3~4年)
  ②小学校高学年の部(5~6年)
  ③中学生の部   ④一般の部(高校生以上)

4. 体験教室の内容
  ①肘射で試射5発、本射10発を行い、各部門の上位者に賞品を授与する。
  ②参加者全員に参加賞を授与する。

5. 参加人数   総数 100人(先着順)

6. 参加料     無料

7. 申込期限   平成28年9月16日(金曜日)

8. 申込方法   市国体HPに掲載している申込書により郵送・FAX・メールで申し込んでください。

9. その他
   9月27日、28日に同会場で小学校3年生から高校生までを対象としたビームライフル教室を開催します。
  ※ 詳しくは、ビームライフル教室開催要項 参照   

7 あっぴリレーマラソン2016大会の開催について №2(スポーツ推進課)

  第23回目となる「あっぴリレーマラソン2016大会」を9月11日(日曜日)に安比高原で開催いたします。
  2キロの周回コースを利用し、タスキをつなぎながらフルマラソンの距離(42.195キロ)を走るもので、全国的にも数少ないマラソン大会となっております。

1. 期  日  平成28年9月11日(日曜日)午前10時 号砲

2. 会  場  安比高原特設コース  

3. 主催者   あっぴリレーマラソン大会実行委員会

4. 大会概要
(1) 参加資格 6歳以上の男女
(2) 競技方法 1チーム4人以上10人以内でチーム編成し、1周2キロの周回コースを21周と195mをタスキをリレーして走る。制限時間は4時間30分とし、走順や走る回数はチームが自由に設定できる。
(3) 参加料 高校生以下 1,500円、大人 2,000円(消費税・保険料込み)
(4) チーム数 350チーム
(5) 募集期間 平成28年6月20日(月曜日)から8月5日(金曜日)※定員になり次第締切り
          ※ 応募多数のため7月31日で締め切りました。
(6) 部  門   6部門(一般、男子、中学生、小学生、職場、ファミリー部門)

5. 参加者    平成28年度は、過去最大の375チーム、3,274人が、参加予定です。
           東北六県の他、千葉県・愛知県からもエントリーがあります。
           来場者総数は、約6,000人を見込んでおります。
           ※ 詳細は、参加者集計 参照  

6. 特記事項  リレーマラソンは、周回コースを同じ選手が複数回走ることができるため、応援に来られた方も楽しむことができます。そのため、選手数に対し来場者数が多くなっていることも本大会の特長の一つとなっております。

8 懲戒処分の公表について(総務課)

  地方公務員法第29条及び八幡平市職員の懲戒処分に関する指針の規定に基づき、下記のとおり懲戒処分を行ったので、公表します。

1. 被処分者
    50代係長級男性職員

2. 処分の理由および処分の内容
   被処分者は平成26年度から平成27年度に担当した関係団体の事務において、必要な手続きを怠る不適切な事務処理を行い、公務の運営に重大な支障を生じさせました。
   このことは、地方公務員法第29条第1項第1号及び第2項並びに八幡平市職員の懲戒処分に関する指針第2条の規定(別表の「1 一般服務」の「不適切な事務処理」)に該当するので、懲戒処分として6月間10分の1の額の減給としました。
   この職員は平成23年度において、不適切な事務処理を行い公務の運営に重大な支障を生じさせたことによる懲戒処分(減給1月間10分の1)を受けています。

3. 処分発令日
    平成28年9月1日

9 はちまんたい大集合フェスタの実施について(商工観光課)

  早秋の八幡平で恒例になりました、はちまんたい大集合フェスタを開催します。
  今年は「はちまんたい産直大集合」を「はちまんたい産直めぐり」とあらため市内産直8施設で開催します。また、「IWATEハチマンタイダイナマイト」、「第18回ノスタルジックカーin八幡平」を、それぞれさくら公園イベント広場で開催いたします。

1. 内 容
 (1) はちまんたい大集合フェスタオープニングイベント
   ・ 日 時  平成28年9月10日(土)午前10時から
   ・ 場 所  松尾八幡平物産館あすぴーて
   ・ 内 容  先着100名様に産直野菜プレゼント
 (2) 「はちまんたい産直めぐり」
   ・ 日 時  9月10日(土曜日)、11日(日曜日)、17日(土曜日)から19日(月曜日・祝日)まで
           ※各午前10時から午後4時まで
   ・ 会 場  市内産直8施設
           産直りんどうの里、畑学び舎農作物直売所、安比高原直売センター、松尾八幡平物産館あすぴーて、道の駅にしね生産物直売所、産直大地、松っちゃん市場、㈱サラダファーム
    ・ 内 容  八幡平産直めぐりスタンプラリー
           物販お買い上げ1,000円以上でスタンプがもらえます。各施設でスタンプを集め合計3つで300円、5つ以上で500円の割引券をプレゼントします。割引券はスタンプラリー会場8施設でご使用いただけます。
 (3) IWATEハチマンタイダイナマイト
    ・ 日 時  平成28年9月11日(日曜日)午前10時から午後4時まで
   ・ 場 所  さくら公園イベント広場
   ・ 内 容  全国各地から大集合したローカルヒーローのキャラクターショー、ゆるキャラとのふれあい
(4) 第18回ノスタルジックカーin八幡平
   ・ 日 時  平成28年9月18日(日曜日)午前9時~午後2時
   ・ 場 所  さくら公園イベント広場
   ・ 内 容  全国から昭和30年~40年代に製造した古き良き時代の国産車、輸入車のオーナーが展示する屋外イベント

2. 主催者    八幡平市観光イベント実行委員会

3. 問い合わせ先
   八幡平市観光イベント実行委員会事務局(八幡平市観光協会) ℡0195-78-3500

※ はちまんたい大集合フェスタチラシ 参照


質疑応答の概要 

1 八幡平市生涯学習推進大会「講演会」の開催について

  (質疑は、特にありませんでした。)

2 ゼロからなれる!動画職人(クリエイター)ワークショップの実施について

  (質疑は、特にありませんでした。)

3 EUでの鉢物リンドウ栽培のライセンス契約調印式について

(追加説明)
  これまでは切り花だけを全農を通じ輸出業者を介して輸出していたが、鉢物リンドウについては、土付きの物を直接輸出することはできないことから、挿し穂または試験管苗をグリーンハーベストパシフィック(有)が指名する現地の会社であるマーキュリアス(有)が鉢物に育成し、販売するものである。    これにより、更にヨーロッパでも安代リンドウのブランドを広めていきたい。

4 八幡平市国体サポーターズ団結式の開催について

  (質疑は、特にありませんでした。)

5 第71回国民体育大会「希望郷いわて国体本大会」の開催について

  (質疑は、特にありませんでした。)

6 ビームライフル体験教室の開催について

  (質疑は、特にありませんでした。)

7 あっぴリレーマラソン2016大会の開催について №2

  (質疑は、特にありませんでした。)

8 懲戒処分の公表について

(追加説明)
  今後は、それぞれの担当部署の課題の報告を徹底し、このようなことのないよう再発防止に努めたい。

9 はちまんたい大集合フェスタの実施について

  (質疑は、特にありませんでした。)

その他

 ・ 地熱シンポジウムin八幡平
   ゲスト等詳細が決まりました。(別紙のとおり)
   また、10月8日を「地熱発電の日」と制定するセレモニーも行う(別紙のとおり)

 ・ 安代りんどうのビクトリーブーケ
   第92回日本学生選手権水泳競技大会(9月2日~4日開催)に安代りんどうをメインとしたビクトリーブーケが採用され学生たちを祝福しました。(別紙のとおり)
   今後、オリンピックのビクトリーブーケとしても取り扱っていただくよう働きかけていきたい。

  Q 国体ではビクトリーブーケとして使用するのですか
   ビクトリーブーケは聞いていないが、開会式の天皇陛下の前に「シャインブルーブルーアシロ」を飾る予定になっています。

【広告】