トップページ  >  総合サービス  >  産業・仕事・事業者向け  >  農業  >  農政  >  農業生産工程管理(GAP)の取組み

農業生産工程管理(GAP)の取組み

農業生産工程管理(GAP)とは

GAP (Gooⅾ Aguricultural Practice:農業生産工程管理)とは、農産物の安全性の確保や環境の保全、労働安全の確保のため農作業の各工程で点検項目をまとめ、作業を実施、記録、点検、評価して改善していく取組のことです。
GAPに取り組むことにより、農産物の品質向上や農業経営の効率化、消費者の信頼の確保なども期待できます。

農林水産省のパンフレット「GAP」でより良い農業経営を(PDF形式 1722KB)

岩手県版農業生産工程管理(岩手県版GAP)

岩手県版GAPの確認を受けることで、グローバルGAP、アジアGAP等の国際水準GAP認証取得を目指す際のステップアップにつながります。

岩手県版GAPについては岩手県のホームページで公開されています。岩手県版GAPについて(岩手県のホームページ外部リンク)

掲示板

東京オリンピック・パラリンピックを契機とした県産農林水産物利活用促進セミナー開催

東京2020オリンピック・パラリンピックを契機とした県産農林水産物利活用促進に向け、国の動向や県の取り組み状況情報共有と、GAP等の認証取得や事業者間のマッチング支援などの取り組み強化の機運醸成を図るため、セミナーが開催されます。

日時:平成30年11月22日(木曜日)午後2時から午後4時15分

場所:ホテルニューカリーナ 2Fアイリス

主催:岩手県

申し込み・問い合わせ先

岩手県農林水産部 農林水産企画室

電話 019-629-5623 ファクス 019-629-5769

GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会の開催

GAPに取り組む農業者から農業経営改善の効果、GAPを取り扱う流通業者からGAP認証農畜産物へのニーズなどについての講演と、参加者の意見交換会が開催されます。

日時:平成30年11月20日(火曜日) 午後1時30分から午後4時まで

場所:仙台市合同庁舎B棟 2階 共用第1会議室

主催:東北農政局

開催チラシはこちら → GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(PDF形式 410KB)

申し込み・問い合わせ先

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3-3-1

東北農政局 生産部 生産技術環境課

電話 022-221-6214 ファクス 022-217-4180

国際水準GAP認証取得支援事業の追加公募

岩手県では、グローバルGAP、アジアGAP及びJGAPの認証(以下「GAP認証」という。)の取得を目指す農業者を支援し、地域におけるGAP取組のモデルとして育成することで、国際水準GAPの普及・推進に資することを目的に「国際水準GAP認証取得支援事業」を実施しております。 

公募期間

平成30年10月19日(金曜日)から11月30日(金曜日)まで 17時必着

募集要項等については岩手県のホームページで公開されています。国際水準GAP認証取得支援事業の追加公募について(岩手県のホームページ 外部リンク)
この事業に係る内容や助成金の額など、詳しくは下記へお問い合わせください。

問い合わせ先

岩手県農林水産部農業普及技術課 技術環境担当
住所:〒020-8570 盛岡市内丸10-1 電話:019-629-5664

記事に関する問い合わせ先
農林課 農政推進係
電話 0195-74-2111

【広告】