空家等対策

八幡平市空家等対策条例

 適切な管理が行われていない空き家は、老朽化による倒壊や建築材の飛散、屋根からの落雪の危険、不審者の侵入や放火のおそれ、草木の繁茂等による生活環境への悪影響など、周辺住民に多大な不安や迷惑を引き起こしています。

 このようなことから、市では、空家等及び特定空家等の適正な管理を図り、市民の生命、身体及び財産の保護並びに良好な生活環境の保全に寄与することを目的として、平成29年4月に「八幡平市空家等対策条例」を施行いたしました。

  八幡平市空家等対策条例

  八幡平市空家等対策条例施行規則

対象となる空家等とは

 「空家等」とは、「建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木及び当該土地に定着する物を含む。)をいう。」とされています。

特定空家等とは

 「特定空家等」とは

  1. 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 にある空家等としています。

空家等の適切な管理と責任について

 空家等は個人の財産であり、空家等の所有者や管理者には適正に管理する責任があります。
例えば、空家等の倒壊などにより、近隣住民や通行人に被害を及ぼした場合、管理責任を問われることがあります。
このようなことにならないためにも、適正な管理をお願いします。

空家等対策計画

 空家等対策計画は、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく計画で、空家等対策に関する基本的な方針や所有者等による空家等の適切な管理の促進に関する事項、空家等や除却した跡地の活用の促進に関する事項などを定めるものです。

 本市では今後、空き家等対策を総合的かつ計画的に実施するための計画(空き家等対策計画)を策定する予定です。

空家等対策協議会

 空家等対策協議会は、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく機関で、「空家等対策計画」の作成等について協議をする機関です。協議会の委員は、公募のほか、学識経験者など各種団体から推薦された方によって構成します。

相談窓口のご案内

 空き家でお困りの場合は、次の窓口までご相談ください。

空き家の倒壊や建築材の飛散、屋根からの落雪など空き家全般に関すること

 

問い合わせ先:防災安全課地域安全係

電話:0195-74-2111 内線1262

 

 

 

【広告】