トップページ  >  総合サービス  >  暮らし  >  医療費(後期高齢者含む)  >  医療費助成のお知らせ

医療費助成のお知らせ

乳幼児・児童医療費助成

 乳幼児、児童の心身の健康の保持および生活の安定を図り、福祉の増進に資するため、医療費を助成します。

   【対象者】 八幡平市に住所を有する小学校6年生までの乳幼児および児童(所得制限なし)         

   【助成額】 1カ月1医療機関等の診療報酬明細書ごとの医療費の一部負担相当を助成します。

妊産婦医療費助成

 妊産婦の心身の健康の保持および生活の安定を図り、福祉の増進に資するため、医療費を助成します。   

   【対象者】 妊娠5カ月に達する日の属する月の初日から出産した日の翌月末までの妊産婦(所得制限有)           

   【助成額】 1カ月1医療機関等の診療報酬明細書ごとに次に掲げる自己負担額を超える額を助成します。

         ●入院 5,000円 (住民税非課税の場合は0円)     

         ●外来 1,500円 (住民税非課税の場合は0円)

重度心身障害者医療費助成

 重度心身障害者の適正な医療を確保し、福祉の増進に資するため、医療費を助成します。 

   【対象者】 身体障害者手帳1・2級、特別児童扶養手当1級、障害基礎年金1級および療育手帳Aの人(所得制限有)

   【助成額】 1カ月1医療機関等の診療報酬明細書ごとに次に掲げる自己負担額を超える額を助成します。

         ●入院 5,000円 (住民税非課税の場合は0円)

         ●外来 1,500円 (住民税非課税の場合は0円)

         ●小学校6年生までの乳幼児および児童は乳幼児、児童医療費助成と同様

ひとり親家庭医療費助成

 ひとり親家庭の健康保持および福祉の増進のため、医療費の一部を助成します。

   【対象者】 18歳以下の児童を扶養する配偶者のいない人およびその児童(所得制限有)

   【助成額】 1カ月1医療機関等の診療報酬明細書ごとに次に掲げる自己負担額を超える額を助成します

         ●保護者および中学生以上の児童 入院5,000円、外来1,500円 (住民税非課税の場合は0円)

         ●小学校6年生までの乳幼児および児童は乳幼児、児童医療費助成と同様

        

在宅酸素療法患者酸素濃縮器使用助成

 在宅酸素療法を必要とする呼吸器機能障害者の健康維持および福祉の増進のため、酸素濃縮器の使用に係る電気料金の一部を助成します。

   【対象者】 在宅酸素濃縮器を使用する人(身体障害者手帳1級・2級等の人を除く)

   【助成額】 1日当たりの吸入時間により、次の額を助成します。

         ●1日12時間まで 月800円

         ●1日12時間を超え、24時間まで 月1,900円

寡婦医療費助成

 寡婦の健康保持および福祉の増進のため、医療費の一部を助成する。 

   【対象者】 母子及び寡婦福祉法で規定する寡婦の人(所得制限有)

   【助成額】 医療費の総額から、保険給付の額および高齢者の医療の確保に関する法律の規定による一部負担金を差し引いた額を助成します。

身体障害者医療費助成

 身体障害者の健康保持および福祉の増進のため、医療費の一部を助成します。 

   【対象者】 身体障害者手帳3級、特別児童扶養手当2級、障害基礎年金2級の人(所得制限有)

   【助成額】 医療費の総額から、保険給付の額および高齢者の医療の確保に関する法律の規定による一部負担金を差し引いた額を助成します。

妊婦乳児医療機関委託健康診査受診券交付

 母子保健法に規定されている乳児および妊婦健康診査を受診するための無料受診券を交付し、費用を軽減することにより妊婦および乳児の健康維持増進を支援します。

   【対象者】 市内に住所を有する妊婦および乳児

   【交付枚数】 ●妊婦 「妊婦一般健康診査受診票」 妊娠届出時に妊娠週数に応じて最大14枚まで交付、 「子宮頸がん検診受診券」 1枚交付

            ●乳児 「乳児一般健康診査受診票」 市内に住所を有する乳児の保護者に2枚交付

お問い合わせ先
市民課 ●74-2111 内線1071

【広告】