トップページ  >  トピックス  >  新規就農者の支援事業を実施します

新規就農者の支援事業を実施します

平成29年度から就農の要件を緩和しました

 八幡平市では、平成22年度から新規就農者を支援する「八幡平市新規就農者等支援事業」を実施しております。
 平成29年度からは就農の要件から栽培作物の選定を除き、「主として農業により生計を営むことを目的に年間150日以上の農作業に従事すること」としました。
 また、新規就農体験者研修支援金の家賃の助成を廃止いたしました。
 農業経営に意欲のある方の申し込みをお待ちしています。

八幡平市新規就農者等支援事業の詳細

事業主体

 八幡平市

対象者・要件

(1)就農予定時の年齢が45歳未満の方。
(2)研修の開始時に市内に住所を有していること。
(3)研修終了後は直ちに市内の農地で就農すること。
(4)八幡平市地域農業支援委員会で認定を受けた方。

受入人数等

(1)若干名
(2)申請書等を提出していただき、市地域農業支援委員会による書類審査及び面接を行います。

支援内容

(1)新規就農者研修支援金
 市内の研修受入農家での研修期間(2年以内を限度とし、年間150日以上)について支援します.

区分 単位 金額 備考
基本額 月額

125,000円

(1)夫婦で研修を受ける場合は1.5倍の額とする。
(2)青年就農給付金の給付を受ける場合は支給しない。

子ども加算金 月額

子ども一人につき

20,000円

子どもの対象は18歳到達後の年度末までとする。
家賃助成

(1) 助成額は、家賃の2分の1の額とし月額2万円を上限とする。ただし八幡平市内の借家に限る。

(2)(社)岩手県農業公社等から支給を受ける場合は支給しない。

(2)新規就農体験者研修支援金
 上記(1)以外の者で市外から市内の研修受入農家で研修(7ヶ月を限度とする。)行う場合、研修期間中において旅費を助成(研修1回につき1キロメートルあたり37円)をします。

(3)研修受入農家支援金

区分 支給額 備考
新規就農研修者受入 月額5万円

(1) 1事業対象者当たりの金額

(2) (社)岩手県農業公社等から支給を受けている場合は支給しない。

新規就農体験者研修受入

1回当たり12,500円を支給する。

ただし月額5万円を限度とする。

その他

 各支援事業は、(社)岩手県農業公社等と連携し実施します。なお、(社)岩手県農業公社等から同内容の支援を受ける場合及び、青年就農給付金の給付を受給する際には減額または支給しない場合があります。
 

問い合わせ先:八幡平市農林課農業振興支援センター係
電話0195-74-2111 FAX0195-74-2102

【広告】