トップページ  >  トピックス  >  「スマートファームプロジェクト」に関する基本合意について

「スマートファームプロジェクト」に関する基本合意について

 市内上寄木地区で市が借用している熱水ハウスを使用し、IoTと水耕栽培を活用したシステムにより、ハーブや葉物野菜の栽培実証実験を行い、新規就農者等による市内外からの農業参入を促すため、"「スマートファームプロジェクト」に関する基本合意書"を9月7日に締結しました。

合意書締結者

 ①八幡平市
 ②グリーンリバーホールディングス㈱(本社:福岡県福岡市)
 ③㈱MOVIMAS(本社:東京都新宿区)

合意事項

 ①八幡平市は、熱水ハウスを提供し、豪雪地帯での周年農業の実現をサポートする。
 ②グリーンリバーホールディングス㈱は、熱水ハウスを整備し、水耕栽培装置等の栽培管理システムをレンタルし、就農者を育成しつつ、生産・販売をサポートする。
 ③㈱MOVIMASは、IoTと水耕栽培を活用したシステムの開発を行い、クラウド管理することで周年栽培を実現化し、就農者をサポートする。

当面の事業内容

 熱水ハウスのうち2棟を改修し、1棟をトライアル用(研修施設)とし、もう1棟を商業ベース用として、バジルの生産・販売をグリーンリバーホールディングス㈱の関連会社の農業生産法人が運営する予定となっています。

お問い合わせ先 農林課農政係
電話0195-74-2111 内線1331

【広告】